企業 労働

ブラック企業ワタミを復活させる鶏肉マジック、利益のためなら手段は選ばない

投稿日:

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

 

最近では鶏肉をメインにした業態が伸びているのを知っていますか?

焼き鳥を主力とする鳥貴族が近年急成長しているだけでなく、経営不振に苦しんでいたワタミでも鶏肉をメインにした業態で復活しそうです。

 

農畜産業振興機構の調査によると、日本人1人当たりの鶏肉消費量は増え続け、2012年にはずっと1位だった豚肉を抜き、それ以降はトップの座を維持しています。

また、鶏肉はフライドチキンや焼き鳥など外食における消費が多いです。

鶏肉で復活しつつあるブラック企業ワタミ

総合居酒屋の不調に苦しんでいたブラック企業の代名詞であるワタミは業績が回復しつつありますが、その主力となっているのは16年からスタートした鶏肉を主力とする「ミライザカ」と「三代目鳥メロ」です

18年3月末時点でミライザカの店舗数は102店、鳥メロは123店と急増しており、ブラック企業ワタミはさらなる新規出店と既存店舗の業態転換で不死鳥のように蘇っています。

 

ミライザカのWebサイトには「総合居酒屋は、なぜ魅力を失ってしまったのか?それは端的に言うと、時代のニーズにそぐわなくなってしまったからに他なりません」、「私たちはいま、新しい時代の、新しい居酒屋を始めます」という意味深なメッセージが記されています。

 

そもそもワタミのようなブラック企業は倒産しなければならないのですが、ワタミは店名や業態を変えて死と再生を繰り返しています。



牛肉や豚肉より何が優れているのか?

鶏肉の一番の魅力は安さです。

これはスーパーで買い物をする人なら誰でも知っていて、鶏肉は豚肉や牛肉より安いです。

飲食店でよく使われる豚バラの価格は、外国産で1キロ当たり800円前後、国産で1300円前後です。

牛丼などによく使われる米国産の牛肉バラは1キロ当たり1000円程度です。

 

一方で鶏肉の場合、外食産業でよく使われているブラジル産の鶏モモ肉は1キロ当たり300~400円となっており、牛や豚に比べてかなり安いのが特徴です。

鶏肉が安い理由は生産コストの違いで、一般的に牛が出荷されるまでに必要な飼育期間は30カ月で、豚は10カ月とされています。

一方で、鶏は生まれてから50日で出荷できるため、飼料や人件費が豚や牛ほどかかりません。

 

鶏肉に外食産業が注目しているのは「安い価格でボリュームを出しやすく、利益率が高い」、「チェーン展開しやすい」という理由があります。

また、から揚げや焼き鳥、ライドチキンといったように消費者が好む料理も多く、マーケットが大きいので大手外食チェーンの参入余地があります。

ビジネスモデルの観点からみると、牛や豚と比べて鶏肉を提供することのメリットはとても大きいのです。

どれだけコストを抑えて利益を出すか?

外食チェーンはコストを抑えて利益を出すためにあの手この手で、コストを削減します。

人件費もコストなので、利益のためにワタミはサービス労働をさせます。

 

そして、出た利益は株主のモノへとなっていくのです。

資本主義は残酷なのです。

この世界で生き残るには、株主になって利益を貪る必要があるのです。



この記事を気に入ってくださった方は、リツイートやいいねを押して頂けるとうれしいです。


株ブログ 米国株

ポチって応援して頂けるとうれしいです!

-企業, 労働

Copyright© ゆうの米国株つみたて投資 , 2018 All Rights Reserved.