サクソバンク証券とかいう米国株が6000銘柄取引できる証券会社を見つけました




どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

最近、話題になっている証券会社で海外株に特化している証券会社を見つけました。

その名は、サクソバンク証券です。

サクソバンク証券

米国株6000銘柄以上、中国株2000銘柄以上、欧州株3000銘柄以上というすごい多くの株を取り扱っています。

中国株は興味ないですが、米国株6000以上はすごいです。

米国株に特化しているマネックス証券が3000銘柄以上なので、倍の数を取り扱っていることになります。

何の会社かすら全然わからない銘柄も数多く取り扱っているなんてハンパない。

また、ヨーロッパ株も3000銘柄以上ということでかなり多いです。

ヨーロッパなんてフォルクスワーゲンとかブリティッシュアメリカンぐらいしか知らないのですが、数多くある。

ヨーロッパ株なんて買う個人投資家なんてほんの少ししかいないと思いますが、開拓してみるのも楽しいかもしれません。

個人的には米国株で十分です。

サクソバンク証券では、国内最低水準の手数料設定、空売りOKと日本人になじみのある証券会社ではないようなサービスを行っています。

手数料は、最低5ドル、売買手数料0.20%という感じで売買手数料は国内で最低価格です。

手数料も、SBI証券マネックス証券楽天証券と同じなので素晴らしいです。

デメリットとしては、特定口座がなく一般口座しかないので自分で確定申告する必要があるということです。

普段、確定申告している人であればたいして問題ないかもしれませんが、ほとんどの人は特定口座で税金は丸投げなので、難しいかもしれません。

今後、特定口座に対応する可能性もあるのでその時に口座を作るのもありです。

あと一つ、円貨決済のみということなのでドル決済したい人は気になると思います。

日本で拡大するためにサービスを良くすることは必須なので、今後のサービスに期待しています。
サクソバンク証券
サクソバンク証券


にほんブログ村
↑ポチっとお願いします。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする