ソフトバンクの株売った方がいいですか?という質問に対しては「好きにどうぞ」が答えです

投資
この記事は約2分で読めます。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

僕のブログに「ソフトバンクの株 売った方がいいですか」という検索ワードで来た人がいたので、その質問に答えます。

結論から言うと、「好きに売ってどうぞ」が答えです。

 

その人がいくらで買ったのかはわかりませんが、売りたいと思うのであれば売ってもいいと思います。

個人投資家の方でソフトバンクIPOに1億6000万円分投資して損切りした人もいますが、その人はソフトバンクを持っていて不安で仕方なかったらしいので、そういった感じでソフトバンクの株を持っていることでメンタルが不安定になるようでしたら、売っても損切りしても良いと言えます。

株式投資はお金を増やす手段の1つに過ぎないので、それで日常生活に悪影響があるのであれば株式投資はやめたほうがいいと僕は思います。

 

先の検索ワードで来た人は、たぶん、このままソフトバンクの株を持っていても大丈夫なのか?という疑問を持っているのではないかと勝手に推測しているのですが、ハッキリ言ってわかりません。

ソフトバンクのIPOはクソだったかどうかであればハッキリ言ってクソだと断言できます。

しかし、今後の株価がどうなるのかについてはなんとも言えません。

ハタから見れば、ソフトバンクの株価は他の大手2社と比べても割高であると考える人もいるので、今後の株価上昇が期待できるかと言ったらそんなには期待しない方が良いのではないかというのが僕の意見です。

IPO価格の1500円を超えれば合格ですね。

ダイアモンド・ザイの雑誌では2000円くらいまでは買いみたいに書いてありましたが、それは超ポジティブに考えての話であって、現実とは違います。

 

ソフトバンクの株価の値上がりはそこまで期待するほどのものではないと僕は思います。

配当狙いでの投資で、ずっと持っている予定であれば、持っていても良いと僕は考えています。

ソフトバンク株のウリは高配当なので、配当狙いならいいのではないでしょうか。

 

こんな感じで、ソフトバンクは成熟企業なので、大きな株価上昇を狙う株ではありません。

配当狙いの保有はアリというのが僕の意見です。

 

←こちらからランキングに戻れます






公式サイトはこちら




BroadWiMAXお申込はコチラ

タイトルとURLをコピーしました