ゴールドカードで見栄を張るのはおやめなさい




佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

クレジットカードは誰でも成人する頃には持っているものですが、クレジットカードにはランクがあり、ランクが上がるにしたがってカードの色やサービスの内容が上がります。

カードのランクを上げるには各カード会社ごとに条件があり、職業や収入などの条件を満たすことでランクアップできます。

つまり、どんな色のカードを持っているかによってその人の収入とかが何となくわかるのです。

ゴールドカードで見栄を張るのはおやめなさい

クレジットカードを持つと、上位ランクのカードが気になる人も多いのではないでしょうか。

カードのランクは、一般、ゴールド、プラチナ、ブラックという感じでランク付けされています。

多くの人にとって、ゴールドカードはステータスアップの第一関門であり、ゴールドカードを持っていることでワンランク上の人間になった気分を味わえるはずです。

しかし、一般のカードと違ってゴールドカード以上のランクのカードには年会費が毎年かかります。

カードを持っているだけでお金がかかるのです。

年会費が初年度無料で、1回使えば来年度も無料になる一般カードと違って、どれだけ使っても年会費がかかってしまうのがゴールドカードなのです。

楽天プレミアムカードが年間10,000円、アメックスゴールドは年間29,000円の年会費がかかります。

ゴールドカードを持つことで、「あ!あの人ゴールドカードだ!」と思われたいとかステータスとかを感じたいという思いもわかります。

僕も現在、三井住友VISAデビュープラスカードを持っていて、これは25歳になると三井住友VISAプライムゴールドカードになり、30歳になると三井住友VISAゴールドカードにという感じでステップアップしていくらしいです。

ちなみに、三井住友VISAカードのゴールドカード審査は厳しいらしい

三井住友VISAカード
三井住友VISAカード

僕もこのカードを持つきっかけとして「ゴールドカードいいな~」ということから自動でステップアップするこのカードを持つことにしました。

しかし、多くの人にとって他人がどのカードを持っているかなんてどうでもいいし、それよりも普段の接し方とかの方が100倍重要なのです。

いくらすごいカードを持っていても、性格がクソみたいな人であればゴールドカードやプラチナカードを持っていても「あいつ、生意気やな」という感じで妬まれる恐れもあります。

ゴールドカードを他人に見せるタイミングなんてお店の会計でクレジットカード払いするときしかありません。

現在では、インターネットショッピングが普及しているので、ゴールドカードわざわざ見せて会計する機会も減っています。

ゴールドカードで見栄を張って「ゴールドカードすごいっすね!!」などと言われてドヤ顔するチャンスはほとんど来ません。

ただ、カードの色が変わったくらいの変化しかないのが現実なのです。




普通のクレジットカードで十分

一般ピーポーには、年会費無料の一般カードで十分です。

クレジットカードはランクが上がると使える額が上がりますが、これによって使いすぎてしまう人もなかにはいます。

ゴールドカードを他人に見せつけるためにわざわざ行く必要のない店でクレジットカード払いするようになってしまっては、元も子もありません。

ゴールドカードにしたからといっても、他人があなたを見る目はほとんど変わらないはずです。

もし、あなたが他人からすごい人と思われたいのであれば、お金をもっと稼いだり、人間的魅力を高めた方がよっぽど。良いはずです。

ゴールドカードを持っても、あなたは何も変わらないよ。

三井住友VISAカード

オススメのカードは三井住友VISAカードです。

←こちらからランキングに戻れます


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする