サクソバンク証券が米国株投資で最強になる日がやってくる

投資
この記事は約2分で読めます。

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

先日の記事ではサクソバンクについて書きましたが、サクソバンク証券の一番のネックであった特定口座について朗報が届きました。

サクソバンク証券とかいう米国株が6000銘柄取引できる証券会社を見つけました
どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA)最近、話題になっている証券会社で海外株に特化し...

2019年夏に特定口座対応

サクソバンクのホームページにも載っているのですが、予定では今年の夏頃に「特定口座」に対応し、来年には「特定口座(源泉徴収あり)」にも対応する予定である事がわかりました。

特定口座というのは、自分の取引記録などをまとめてくれる口座であり、納税や申告の際にラクになります。

特定口座(源泉徴収あり)であれば、納税なども証券会社のほうでやってくれるため、税金関係に詳しくない人や面倒くさいと感じる人にはありがたい制度となっています。

 

現状では、一般口座と言われる口座しか対応していないので、多くの人が取引記録などを自分で処理したりしなければならないのですが、しばらくすればサクソバンクでもラクに取引できるようになるはずです。






サクソバンク証券

サクソバンク証券は米国株を6000株以上取り扱っていて国内最大級です。

サクソバンク証券とかいう米国株が6000銘柄取引できる証券会社を見つけました
どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA)最近、話題になっている証券会社で海外株に特化し...



タイトルとURLをコピーしました