Jointoα(ジョイントアルファ)の評判とメリット・デメリットを考えてみた

ソーシャルレンディング
この記事は約5分で読めます。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

東証一部上場企業の「穴吹興産(あなぶきこうさん)」が運営する「Jointoα(ジョイントアルファ)」という不動産特定共同事業特化型クラウドファンディングのサービスがスタートしました。

Jointoα(ジョイントアルファ)は怪しいのか?評判やメリットとデメリットについて考えてみる

Jointoα(ジョイントアルファ)の運営会社情報は以下の通りです。

運営会社

会社名 穴吹興産株式会社

登録番号 不動産特定共同事業 香川県知事許可 第1号

設立年月日 昭和39年5月25日
本 店 〒760-0028 香川県高松市鍛冶屋町7-12
電話番号 0120-773-880
URL https://www.anabuki.ne.jp/
資本金 755百万円
代表者 代表取締役 穴吹 忠嗣

事業内容

宅地建物取引業免許 国土交通大臣免許(9)第3300号
特定建設業許可 香川県知事許可(特26)第5547号
一級建築士事務所登録 香川県知事登録第1847号
一般不動産投資顧問業登録 国土交通大臣登録 一般-第378号
第二種金融商品取引業登録 四国財務局長登録(金商)第12号

指定紛争解決機関 高松地方裁判所

出典:運営会社概要

ジョイントアルファは、東証一部上場企業の穴吹興産株式会社が運営している不動産ソーシャルレンディング事業です。

ソーシャルレンディングのなかでもめずらしく、東証一部上場企業が直接運営している事業なので、ある程度の信用はできると考えています。

 

事業内容を見ると、建築、不動産に特化した企業なので、不動産ソーシャルレンディング事業者として強みを発揮できると考えています。

画像出典:https://www.anabuki.ne.jp/

あなぶき興産の公式ホームページにも事業の1つとして紹介されているため、あなぶき興産が力を入れている事業の1つだとわかりました。

 

不動産投資型クラウドファンディングサイト「Jointo α」(ジョイントアルファ)がオープンしました。

本サイトは、地域に眠る良質な不動産への投資活動を活性化させることを目的とし、
当社が厳選した宿泊施設や投資用マンションなどの収益不動産に、少額から手軽に分散投資できる、
不動産の小口投資に特化したクラウドファンディングプラットフォームサービスです。

”不動産の持つ無限の可能性に挑戦し、そこに暮らし、訪れる人々、そして街の未来を豊かにしてく。”
私達、あなぶき興産が目指す「不動産価値創造企業」としての在り方です。

不動産特定共同事業を通じて街の、地域の不動産の活性化を目指す新たな挑戦がはじまります。

出典:Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト

ジョイントアルファの公式サイトでは、2019年4月9日にオープンという発表が出ているため、今年の4月から始まったサービスで、約半年が経過しています。

具体的な投資物件は?

画像出典:https://jointocrowd.jp/

ジョイントアルファでは、すでに5つの案件が登場しており、うち3つはすでに募集が終わっています。

募集が終了した案件はいずれも成立しており、投資が始まっています。

ジョイントアルファの特徴は、西日本を中心とした物件に投資していることです。

 

これまでの案件を見ると、「京都」「高松」「大阪」「福岡」といった西日本メインで投資をしていることがわかります。

また、運営会社である「あなぶき興産」も本社が香川県にあり、営業所も西日本を中心に展開しているため、西日本での活動がほとんどです。

Jointoα(ジョイントアルファ)は信用できる?メリットとデメリット

ここからはJointoα(ジョイントアルファ)のメリット・デメリットを述べていきます。

メリット

ジョイントアルファは、東証一部上場企業のあなぶき興産が直接運営している事業なので、一定の信頼があると考えています。

あなぶき興産の事業の1つとして展開しているため、不祥事やめんどくさいことになると、会社自体に影響がダイレクトに来るため、きちんとしたビジネスをやってくれると考えています。

 

もちろん、ソーシャルレンディングは絶対に成功する投資ではないので、思うような結果が出ない可能性はあります。

これまでの募集案件では、利回りが5%以下の案件しか出していないので、ハイリスクな投資はしていないと思われます。

デメリット

ジョイントアルファのデメリットとしては、最低投資金額が10万円と他のソーシャルレンディングと比べて少額投資がしにくいところだと考えています。

他のソーシャルレンディング事業者であれば、最低投資金額はだいたい1万円程度なので、初めての投資としてはそこそこハードルが高いかもしれません。

ジョイントアルファのまとめ

Jointoα(ジョイントアルファ)は、東証一部上場企業の運営している事業であり、投資案件を見た限りでは、手堅い運営をしていると感じました。

利回りは、すべて5%以下の物件なので、高い利回りを求めている人には物足りないかもしてませんが、利回りよりも安定重視の方に向いていると考えています。

 

ジョイントアルファで投資するためには、「投資家として会員登録」をする必要があります。

登録は下記の公式サイトからできます。

Jointoα(ジョイントアルファ)公式サイト

Jointoα(ジョイントアルファ)

 

こちらの記事もどうぞ▼

ソーシャルレンディングの事業者をまとめてみた【2019年10月最新】
【2019/10/4更新】ソーシャルレンディング事業者をまとめました

 

そんじゃ、また明日。



タイトルとURLをコピーしました