【日本株】東京電力ホールディングスの株を400株買いました

日本株

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

実は、8月7日に東京電力ホールディングスの株を400株買いました。

人生初の個別株です。

米国株推しだけど、米国以外も買うよ

このブログは米国株推しです。

しかし、米国オンリーというわけでもありません。

僕が、東電の株を買ったのはほとんど「ノリ」です。

ノリですが、何も考えずに買ったわけではありません。

東電は5000億の利益を出しており、自己資本も回復しており現在19パーセントほどです。

 

チャートを見ればわかりますが、東日本大震災の時から絶壁のごとく暴落しておりますw

けれども、東電は日本に必要な企業です(代わりの企業があれば別)

東電は日本の電力を担っているので、なくてはならない存在です。

東電が日本のどこまで電力を供給しているのかはハッキリ言って全然知らないのですが、東電がなくなったら関東の夜は真っ暗になっていると思っています。

 

それに、東電は東日本大震災で大きなダメージを受けましたが、それでも倒産せず(倒産したらヤバイ)に、再建へと突き進んでいます。

現在の価格は530~540の間をいっています。

僕個人の見解だと、割安でありこれから伸びると思っています。

 

東電の株が安いのは、東日本大震災の影響です。

特に原発の問題が大きく影響を及ぼしています。

なので、原発問題が解決、または時間が経ってみんなが忘れると上がります。

論理的で納得できる説明はできませんが、東電は良くないとは思いません。

生活に必要な分野に投資

僕の方針としては、投資信託、ETFは米国株でいきます。

個別株は、世界の中から成長が期待できるインフラ分野に投資したいと思っています。

やはり、石油、電気などのインフラは現代の生活に必要不可欠です。

ハイテク株のように値上がりが期待できないかもしれませんが、生活における重要性を見ていきたいと思います。

 

また、個別株はアメリカと友好関係にある国を選びたいと思っています。

事実、中国やトルコなどのアメリカと関係のよろしくない国は危ないです。

経済制裁は受けるし、通貨は暴落するしで全然良いことありません。

 

絶対に、アメリカにたてつく国には投資しない方針です。

 

あと治安も重要です。

治安の悪い国は成長しません。

中南米の国々を見ればわかりますが、治安が悪いと、そもそも安心して仕事をすることができません。

治安の悪いところで仕事をしたい人も仕事を作りたいと思う人もいないので、失業率も高いです。

麻薬を売買するギャングで生きるかスラムで生活するかという日常が中南米ではあります。

治安は、大事です。

 

株式投資を始めてまだ2ヶ月経っていませんが、いろいろな人の考えなどを学んでいきたいです。



 

この記事を気に入ってくださった方は、リツイートやいいねを押して頂けるとうれしいです。


株ブログ 米国株