株価下落の匂いがぷんぷんしている

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

今年の9月から絶好調だった米国株の勢いがもやもやし始めており、世界での様々な問題も相まって株価が乱高下しています。

この不安定な状況が一時的であるのか長期化してしまうのかはわかりませんが、景気後退が近づいているのは事実です。

リーマンショック以後の米国株は好調をキープして右肩上がりしていますが、いつかはデカい下げが来る、じりじり下げる時がやってくるので、その時にどうやってしのぐかが最大の問題となります。

生き残る投資をしよう

株価が暴落したり、下落が続くと投資家は生き残るためにさっさと株式を売るので更なる下落を引き起こすことがあります。

それに巻き込まれるとだいたいの投資家が塩漬けポークになってしまうのでこの塩漬けポークにならない投資方法が必要となります。

それに有効なのは分散投資です。

投資する銘柄や市場を分散して、お金をぶち込む時間も分散することがコツです。

グロース株やハイテク株で大きく利益を得る場合と逆の方法です。

投資先を分散し、期間も分散すれば大きな下落があっても耐えることができます。

しかし、グロース株投資は投資先を絞って集中的にお金をぶち込んで短期間での利益を狙うのでタイミングや運が悪いと、塩漬け状態になります。

こうなると、上がるのを待つか損切りするしかありません。

重要なのはグロース株投資がダメというわけでなく、集中投資による弊害が大きいということです。

投資額の8割を分散投資にして、残り2割をグロース株投資にするやり方はアリだと思います。

大きなリスクをできるだけ少なくするためにも分散投資は必要です。


にほんブログ村

スポンサーリンク





サクソバンク証券

サクソバンク証券は米国株を6000株以上取り扱っていて国内最大級です。

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA) 最近、話題になっている証券会社で海外株に特化している証券会社を見つ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする