覚悟のない人は株式投資してはいけません、なぜなら死ぬからです

お金

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

 

覚悟のない人が株式投資すると死にます。

これは本当です。実際に自殺してる人もいます。

今回は↓こちらの記事を元に話します。

株式インデックス投資をする前に覚悟しておくべきリスクの話

大不況来たら死ぬよ

一言で言うと、

「株式インデックスは、半額以下になったり、5年間含み損を抱えることもあるから覚悟しろ!」

ということです。

 

具体的に言うと、世界恐慌並の不況が来たら9割の資産吹っ飛ぶし、リーマンショック並が来たら5割の資産吹っ飛ぶ、ということです。

そんなリスクもあるけど、それでもやるの?っていうのが今回の話。

リスクあるけどやる人はやるし、やらない人はやらない

結局は、これ。

そもそもリスクとりたくない人は、株式投資はまずやらない。

そういう人は、「株式投資=ギャンブル」という何かよくわからないなぞ理論を展開するし、説得することもしない。

ああ、そうですね。

で終わり。

リスク取らないで生きていきたい人は、「勉強して良い学校行って良い会社に入ればいい」んです。

大不況が来たら株式投資やってなくてもつらい

株式投資をやっていて、大不況が来たら資産吹っ飛んだらつらいけど、株式投資やってなくても普通の人なら誰でもつらいよ、だって大不景気だもん笑。

 

普通に、給料が上がらない、ボーナス出ない、リストラされる、仕事見つからない、などなどのことがあちこちで起こります。

株式投資やってなくても生きていれば、どこにでもリスクはある。

なくなっても良いカネで株式投資

リスクが怖い人は、なくなってもいいお金で株式投資しましょう。

そもそも、株価が大暴落して困るのは、暴落してなくなったら困るほどお金をぶっ込んでいるからです。

ジュースを買うお金を投資に回すくらいでいいのではないでしょうか。

 

ネット証券で投資信託するのは、月100円からできます。

リスクが怖い人は、毎月100円投資すればええのよ。

スポンサーリンク


 

この記事を気に入ってくださった方は、リツイートやいいねを押して頂けるとうれしいです。


株ブログ 米国株