ドキュサインの今後について考えていること

米国株
この記事は約2分で読めます。

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

ドキュサインの株価は、今後しばらく停滞するのではないかと考えています。

その理由としては、ハイテク株の上昇が落ち着いていること、株価の調整が入っていることが挙げられます。

コロナ前の株価と比べても現在の時サインの株価はかなり高くなっています。

 

僕が買ったときの値段が2月中頃で80ドルほどであり、その後のハイテク銘柄への追い風を考えても今の株価はかなり高いことを考えると、さらに株価を上げるためにはかなり良い材料、決算が良い事が求められるのではないかと考えています。

ドキュサインに関しては今後も売上高、利益を右肩上がりで上げていくと考えていますが、株価が上昇する過程で大きく株価が下がったり、しばらく株価が動かなかったりする事は何回かあると思うので、そうした中で保有し続けること、保有株数を増やす事を実行するのはなかなか難しいかもしれません。

 

株価が順調に上がっている時はは保有し続ける事は難しくありませんが、株価が下落または停滞していて時サインが今後も成長し株価を上げることができるのかどうか疑問を持つこともあると思います。

そうしたときに、ドキュサインを手放して他の銘柄に投資したりする事は普通にあり得るのではないかと考えています。

集中投資によって大きく資産を増やすのはその銘柄が今後も株価を上げ続けることには運もかなり必要かもしれません。

株価がずっと上がり続ける事は無いので、そうしたことを考えるとやはり個別株への投資は難しいと思います。

 

個別株への投資は長期中期短期でどの程度の保有期間で投資するのかまた投資時期によって上がりやすい場合、投資する方法によってもどの株に投資するのかは変わると思います。

今の状況的な動きが今後変化して新しい分野への投資がブームになったり追い風になったりすることも考えられます。

そうした中で長期投資して大きく資産を増やす銘柄への投資をすると言うのは難しいことであり、投資した銘柄が大きく値上がりし資産を増やすには運、追い風なども必要になってくると思うので、ラッキーであることを信じたいですね。

 

そんじゃ、また明日。



タイトルとURLをコピーしました