上がりそうな雰囲気の株式ほど買ってはいけないものはない




佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

ニューヨーク証券取引所での暴落が昨日から始まっており、それに続けて世界各国の株価も「私も一緒に落ちます!」と言わんばかりに落ちています。

アメリカにつられて下がる必要性はないのですが、一緒に落ちないと気がすまないのでしょう。

そんなこんなで下がっている株価ですが、投資をする上でやってはいけないことがあります。

それは「上がりそうな雰囲気の株を買う」ことです。

この場合、何となくこの株は上がりそうだから短期的な売買で利益を得ようとする心理からきています。

しかし、明確な理由やろくに調べもしないでなんか良さそうという株を買うほど危険なものはありません。

多くの場合、下がってしまってさっさと売ってしまうという場合が多いです。

株式では、買ったあとにそのまま株価が上昇することは半分くらいの確率です。

短期的に見れば、上がったり下がったりを繰り返すので下がらずに上がるだけというのはありえません。

雰囲気で買ってしまう株ほど狼狽売りをするので持っていてもただ損をするだけです。



狼狽するなら買わないほうがいい

もし、株価が暴落してさっさと売りたくなるなら、最初からそんな株は買わないほうがいいです。

持っていてもほとんど良いことなく、損をするだけなので。

株式投資では、強気相場なら誰でも強気でいられますが、弱気相場で絶望するくらいなら最初から買わないほうがいいです。


にほんブログ村






サクソバンク証券

サクソバンク証券は米国株を6000株以上取り扱っていて国内最大級です。

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA) 最近、話題になっている証券会社で海外株に特化している証券会社を見つ...


インデックス投資は勝者のゲーム──株式市場から確実な利益を得る常識的方法 (ウィザードブックシリーズ Vol.263)


世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする