証券会社が手数料を稼ぐために顧客の株を売買しまくる行為が多発

お金
この記事は約2分で読めます。

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

証券会社が手数料を稼ぐために顧客の株を売買する行為が横行しています。

読売新聞の記事によると、被害にあった女性は証券販売員の言うままに外国株の短期売買を繰り返した結果、手数料の総額は約6400万円にも上っていることが発覚しました。

多くの証券会社や銀行では、こういった「手数料」を稼ぐことで経営が成り立っており、どれだけ多くの手数料が稼げるかどうかが社員の評価基準となっています。

 

スルガ銀行でも融資の契約が取れるかどうかでボーナスが大きく変わるので、社員はヤバイ融資でも平気でガンガン通していたことがわかっています。

基本的に、証券会社や銀行は顧客の利益を増やすよりも自分たちの利益を増やすためにやっているので、顧客の資産が減っても、会社の利益が増えればどうでもよいのです。

あの手この手で稼ぐ金融機関

銀行は超低金利なので、普通にお金を貸してもあまり利益が出ていません。

なので、「外貨建て保険」などの保険もどきの投資を勧めるという行為を普通にやっています。

外貨建て保険で苦情が急増、よくわからない保険にだまされてしまう理由とは
佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA)生命保険会社が販売している「外貨建て保険...

銀行や証券会社が勧める商品のほとんどが金融機関にとって儲かる商品であることは知っている人は知っています。

しかし、金融リテラシーの低い人は販売員に言われたとおりに買ってしまい、後から損をしてトラブルになるケースが増えているのが現状です。

「金融のプロ」といっても「顧客からお金を稼ぐプロ」なのです。

 

賢い人は、そもそも他人から勧められた商品を買いません。

自分自身で調べて、選んで買っています。

「自分は詳しくない」という理由で誰かに任せていると知らない間にあなたのお金はどんどんなくなっていくので、詳しくないから誰かにお任せというのは危険な行為です。



自分でしっかり見定めるしかない

銀行や証券会社の言うことを鵜呑みにすると、結局は自分が損をすることになります。

私たちにできることは勧められた商品がどういったものなのか見定めることです。

銀行員や販売員を信用して買って信用を無にする形で損をすることは避けなければなりません。

一番簡単なのは、販売員からおすすめされたものはすべて拒否することですね。

 

←こちらからランキングに戻れます


タイトルとURLをコピーしました