【画像21枚で解説】Funds(ファンズ)の口座開設をわかりやすく解説!

ソーシャルレンディング
この記事は約6分で読めます。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

ソーシャルレンディングのFunds(ファンズ)の口座開設を実際にやってみました。

感想としては、証券口座の開設とよく似ています。

Funds(ファンズ)とは?

Funds

簡単に説明すると、Funds(ファンズ)はソーシャルレンディングというお金の貸し付けをやっている企業です。

貸すお金は、インターネットを通じて多くの人から集めており、ファンズは集めたお金を企業に貸すという感じで、お金を貸す側と借りる側の仲介をしている形です。

 

貸す側のメリットは、貸した元本にプラスして利息が付くので、利息分の利益が出ます。

借りる側のメリットは、ソーシャルレンディングでお金を集めることは銀行などの金融で借りるよりも借りやすいというメリットがあります。

 

ソーシャルレンディングのポイントとしては、貸したお金がきちんと戻ってくるかどうか?元本と利息が返済されるかどうかが一番重要になります。

 

そのため、ソーシャルレンディングを運営している企業がお金を貸す相手がきちんと返済できるのかどうか見極められることが求められます。

また、ソーシャルレンディングを運営している企業自体がしっかりしていなくて、集めたお金を勝手に違うことに使ったり、不正使用する場合も普通にあるので、見極めが重要です。

 

ソーシャルレンディングのなかでもきちんとした運営をしていると感じられるファンズの口座を開設してみたので、やり方について解説していきます。

口座開設方法

Funds

口座開設には身分証明書とマイナンバーが必要になります。

事前に準備してから申し込みすると、スムーズに開設できます。

引用:https://funds.jp/guide/open-account

 

Funds公式ページ

まず、公式ページからファンズのトップページに飛びます。

※スマホからの申し込み開設ですが、パソコンでも申し込み方法は同じなので特に問題ありません。

トップページの「今すぐ無料で口座開設」をクリックすると申し込みページに進みます。

 

ページが移動したら、「メールアドレス」と「パスワード」を設定してください。

 

普段のパスワード設定でも可能ですが、短いと「安全ではない」と表示されるようになっています。

パスワードは設定したら、忘れた時のためにメモすることをおすすめします。

パスワードを入力したら「新規会員登録」をポチッと押して下さい。

 

設定したメールアドレスに確認のメールが送られてくるので、メールを開いて「メールアドレスを確認」を押して下さい。

 

ログインページに移動したら、設定したメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

 

ログインすると、会員登録が完了します。

次に、「口座開設」をするので「口座開設をする」を押して進んで下さい。

職業や住所を入力する欄があるので、入力していってください。

 

投資家適合性では、ご自身に当てはまる選択をしてください。

 

「外国PEPs」は普通の人であれば、関係ないので、問題なければ「該当しません」を押してください。

 

出金口座情報は、使っている金融機関を選択して、口座の種類、口座番号を入力してください。

 

ここから、本人確認書類の提出になります。

用意した身分証明書の画像をアップロードすることになります。

※アップロードする画像は事前にスマホのカメラで撮ったものをご用意ください。

 

僕の場合、運転免許証を提出しました。

画像のように、免許証の表面を撮ったものをアップロードします。

 

次に、マイナンバーの提出になります。

まずは、マイナンバーの番号入力をしてください。

※マイナンバーに記載されている12ケタの数字です。

 

マイナンバーカード、または通知カードの表面を撮った画像をアップロードしてください。

 

僕の場合、通知カードなので、通知カードの表面をアップロードしました。

 

マイナンバーのアップロードが終わると、口座開設の申し込みは完了です。

 

この後は、ファンズのほうで本人確認の手続きをして、完了した後に、登録した住所に「ウェルカムレター」と呼ばれるハガキが届きます。

 

ウェルカムレターが発送されると、メールで発送の通知が届きます。

通知が来てから1日~2日程度で到着します。

 

ウェルカムレターの受け取りが完了すると、メールで口座開設完了のメールが来ます。

 

※追記(2019年5月1日)

Fundsからウェルカムレターが届きました。

ウェルカムレターが郵送で届いた時点で投資できるようになるので、案件が出たときに備えて、口座に事前に入金することをおすすめします。

 

これで、口座開設は完了となります。

口座開設のあと

口座開設が完了したら、ファンズからメールで投資案件についての連絡が来るようになります。

ファンズでは、投資案件が出てから数十秒で締め切りになるほど人気がある案件が多いので、投資に関しては事前に調べて申し込み準備をする必要があります。

Fundsでは、投資先を厳選しているためか、他のソーシャルレンディングよりも投資先が少ないという印象を感じました。

始めて投資される方や経験が浅い人は、少額の投資で試してみることをおすすめしています。

※ファンズでは1円から投資できます。

ソーシャルレンディングにもリスクはあるので、いきなり大金をつぎ込むのは控えた方がいいです。

まずは、やってみるという感覚でやってみてください。

 

ソーシャルレンディングはFunds(ファンズ)以外の企業もやっています。

ソーシャルレンディングに興味のある方は、この機会に他の口座も開設すると、開設の手間が省けるので興味があればこちらもどうぞ↓

クラウドバンク
クラウドバンクは証券会社が運営するクラウドファンディングです。

証券会社が運営するということで、他のソーシャルレンディング企業よりも厳しい審査が行われていることから、顧客からの信頼があります。

クラウドバンク公式ページ

 

OwnersBook
OwnersBook運営会社のロードスターキャピタル株式会社は、不動産の自己運用・仲介・コンサルティング等を行っている総合不動産会社です。

主に、不動産案件を取り扱っている企業です。

OwnersBook公式ページ

 






タイトルとURLをコピーしました