つみたてNISAでS&P500に投資するならeMAXIS Slim米国株式(S&P500)で良い理由

米国株
この記事は約3分で読めます。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

三菱U F J 国 際 投信株式会社 が手がけているeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の信託報酬率がさらに下がりました。

内容は以下の通りです。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 0.15%以内 → 0.088%以内

業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』 信託報酬率の引き下げを実施

 

先日の記事では、SBI証券とインデックスファンドであるバンガードがコラボした商品である、「SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」のつみたて設定をしたという記事を書きましたが、すぐに『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』 シリーズが「SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」の「信託報酬 (税込)/年 0.0938%程度」を下回る「0.088%以内」という信託報酬率に下げてきました。

※追記「0.088%以内」というのは、税抜きであり、税込みにすると「0.0968%」なので「SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」の「0.0938%程度」よりも高いことになります。

 

現時点では、「SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」が一番安いです。

つみたてNISAにSBI・バンガード・S&P500を追加しました
つみたてNISAにSBI・バンガード・S&P500を追加しました

eMAXIS Slim(イーマクシス スリム) シリーズで良い理由

S&P500の投資信託は複数あり、そのなかでもeMAXIS Slimシリーズは業界最安の信託報酬率を目指すことをモットーにしているため、他の投資信託商品が下げれば、それを下回る信託報酬率に下げるようにしています。

 

つまり、eMAXIS SlimのS&P500を選んでおけば、勝手に最安の価格になってくれるので、悩む必要がありません。

放置するだけでいいということです。

S&P500ならeMAXIS Slimシリーズ

つみたてNISAでS&P500の投資信託を選ぶのであれば、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)でもう決まりですね。

なんせ、勝手に業界最安になってくれるので、どこの会社のS&P500を選ぶべきかなんてことは考えなくても良いからです。

つみたてNISAでS&P500に投資するならeMAXIS Slim米国株式(S&P500)で決定!

米国株の情報を得るならモトリーフールがおすすめだよ!

 

そんじゃ、また明日。



タイトルとURLをコピーしました