ただ貯金するだけではほとんど資産は増えない、資産を効率的に増やす方法とは?

未分類
この記事は約3分で読めます。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

貯金をするのは良いことですが、現在の金利だと銀行に預けてもほとんど増えません。

金利が0.001%が当たり前の現在において、貯金するとよりも良いお金の在り方について書いていきます。

貯金してもほぼ資産は増えない

貯金することが一番重要で、とにかく貯金して貯めることで安心する人が日本には多くいます。

 

しかし、現在の金利は超低金利です。

バブル期には、定期預金で5%の金利が付くこともありましたが、現在の定期預金でも0.01ぐらいです。

貯金していても金利で増えた時代があっても、現在では全然増えておらず、銀行にお金を入れて、放置したままでいる人も多いのではないでしょうか?

貯金だけだともったいない

貯金しても増えないこの時代に投資しないというのはもったいないです。

 

投資といってもいろいろありますが、投資というとギャンブルという発想の人がいるそうですが、そもそも投資とギャンブルでは、目的も構造も違います。

 

投資は本来、やれば増えるものであって減り続けるというものは投資じゃないです。

逆にギャンブルは、やれば減るのが普通です。

増えるのは胴元の金であり、客の金は増えません。

 

ここのところを、投資をギャンブルという人は間違って理解しています。

そもそも投資がギャンブルという人は、誤解していると思います。

投資がなければこの資本主義の社会は発展も成長もしないからです。



確実に儲かるものはない

とは言っても、投資したから確実に儲かるというわけでもありません。

でも、しっかりと調べて可能性があるものに投資すれば、高い確率で利益が増えるのは事実です。

 

簡単に言えば、投資というのは損をする可能性はゼロではないけど高い確率でプラスになるものです。

上げ下げの儲けは投機

よく安く買って高いところで売るのが投資だと思う人がいるのですが、それは「投機」です。

これからこの株は上がりそうだから買って、上がったらすぐ売るのは投機です。

名前の通り、チャンスに賭けるものです。

 

投資は、頻繁に売り買いはせずに基本的に買って持つことだと僕は思ってます。

一時的に下がるかもしれないけど、長期的に見れば上がっていくものへ投資することが投資なのです。

 

株式投資は運だけで決まるものではありません。

 

なぜ上がるのか?なぜ下がるのか?

そこには、何かしら理由があります。

 

なぜ、こうなるのかを調べてみることが投資への一歩だと僕は考えています。

おすすめの投資とは?

僕が個人的におすすめしている投資は「つみたてNISA」です。

つみたてNISAは少額非課税制度を利用しており、運用益に税金がかかりません。

また、つみたてNISAで扱っている商品は、金融庁が厳しく審査しており、認められたものしか扱われていないこともおすすめできるポイントです。

僕は現在、SBI証券でつみたてNISAで投資をしています。

ぜひ、多くの人につみたてNISAで気軽に投資して欲しいと考えています。

 



タイトルとURLをコピーしました