アメリカ経済 中国経済

【貿易戦争】中国がアメリカに対して6.7兆円の報復関税をしても無駄

投稿日:

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

 

中国政府は3日、アメリカからの輸入品600億ドル(約6兆7000億円)相当に対して、最高25%の関税を上乗せする報復をすると発表しました。

 

トランプ政権が2000億ドル相当の中国製品を対象に追加の貿易制裁を発動した直後に実施する予定で、アメリカ同じ規模の対抗措置は断念した形になっております。

 

中国政府によると、対象となるのは液化天然ガスや中型航空機など計5207品目で、このうち2493品目に25%、1078品目に20%、974品目に10%、662品目に5%の関税をそれぞれ上乗せすることになっています。

 

ちなみに、税率に違いがあるのは国民生活や企業活動への悪影響を最小限に抑えるために税率を変えています。

 

中国政府は「相互に尊重し合い、対等な立場で話し合いを行うことこそが、貿易摩擦を解決する有効な手だてだ」として貿易協議の再開をアメリカに呼び掛けています。

 

中国政府はこれまでアメリカの制裁と同規模の関税報復を行うと言っていましたが、中国側の統計によると、2017年のアメリカからの輸入総額は1500億ドルほどであり、アメリカが2000億ドル分に高関税を課しても、そもそも同規模の輸入総額に達していないので中国は同規模の報復を行えません。

中国は今まで見過ごされていただけ

アメリカがトランプ大統領になって貿易に対して文句を言っていますが、それは前オバマ大統領が中国に甘かっただけであり、トランプ大統領が異常であるわけではありません。

 

これまで、オバマ大統領が中国に対してやるべきことをやっていなかったので、それをトランプ大統領がやっているだけです。


貿易戦争はアメリカが勝つ

貿易戦争で厳しいのは中国の方であり、先に折れるのは中国です。

中国の経済発展は、アメリカへの輸出が大きな割合を占めています。

なので、中国がアメリカと張り合っても、中国が損をするだけなのです。

 

中国が勝つほうに賭けるのはバカげている

中国がアメリカを抜くという変なことを言う評論家がいますが、それは間違っています。

アメリカは世界最大の市場であり、自由な経済活動ができます。

しかし、中国の市場は閉鎖的で、自由な経済活動はできません。

 

国内の企業を優遇して、海外の企業を入れさせないことで中国企業は国内で成長しています。

つまり、ぬるい市場でラクに利益を上げているだけなのです。

 

そして、中国国内で外国企業を規制して、中国企業は外国へ進出しています。

中国の経済発展は中国共産党が無理矢理作っているものであり、実態は不明なのです。

本当に中国がアメリカを抜くなら、中国を民主化して、自由に経済活動できる市場になる前提が必要です。

そして、自由競争の中でアメリカ企業に勝つ必要があります。

中国がアメリカを追い抜くのはまだまだ夢の話なのです。


 

この記事を気に入ってくださった方は、リツイートやいいねを押して頂けるとうれしいです。


株ブログ 米国株

ポチって応援して頂けるとうれしいです!

-アメリカ経済, 中国経済

Copyright© ゆうの米国株つみたて投資 , 2018 All Rights Reserved.