米中首脳会談を検討するが貿易摩擦解消は難航

アメリカ経済

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

 

すでに、米中の貿易戦争もクライマックスを迎えていて、どのように落とし前をつけるかという段階になっています。

しかし、中国に対してアメリカが強気に出ることはわかっているため、簡単には解決できるモノではなさそうです。

23日には、米国が中国の知的財産権侵害を理由にした貿易制裁の第2弾として、160億ドル(約1兆7700億円)相当の中国製品を対象に高関税を発動することになっています。

アメリカに中国が譲歩するしかない

すでに、貿易戦争で関税を掛け合うというやり方も終わりに近づいています。

このような状況が長く続けても中国の株価下落、人民元の下落が続くだけです。

アメリカと対立することで良いことはありません。

 

なので、できるだけ早くアメリカとの関係を改善することになります。

アメリカにケンカを売っても最終的には謝ることになるので、中国のメンツは潰れます。

アメリカに敵対しても百害あって一利なしです。

スポンサーリンク


 

この記事を気に入ってくださった方は、リツイートやいいね、フォローして頂けるとうれしいです。


株ブログ 米国株