金沢のマクドナルドで歯のような白いかけら混入、それでも時間が経てばみんな忘れる

企業

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

 

金沢市の「マクドナルド金沢有松店」で出されたソーセージエッグマフィンに、歯のような異物が混入していたことが7日に発覚しました。

マクドナルドはたびたび問題を起こすが問題なし

マクドナルドでは、こういう問題は5年に1度くらいの周期であります。

前回問題になったのは、中国でチキンナゲットに使われる鶏肉の扱いが雑で問題になりました。

このようにマクドナルドでは、問題が起きて客足が離れるという状況になりますが、それでも時間が経てば、みんな問題のことは忘れてまたマクドナルドを利用します。

 

僕自身もチキンナゲットに使われる鶏肉が中国で雑に扱われて、床に落ちた鶏肉をそのまま調理器にぶち込んだ事件を知った後はしばらく行きませんでしたが、しばらく経つと行くようになっていました。

それほど、マクドナルドには中毒性があるのです。

 

いくら問題を起こしてもほとぼりが冷めれば、また復活する飲食店はマクドナルドくらいです。

それくらいマクドナルドはすごいのです。

なので、マクドナルドで何か問題が起きて株価が下がったらチャンスです。

時間が経てばまた復活します。



 

この記事を気に入ってくださった方は、リツイートやいいねを押して頂けるとうれしいです。


株ブログ 米国株