暴落の対策をしとかないと泣くことになる、いや、死ぬね

投資

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

日経平均株価もダウ平均も順調に上げていて、株式投資をしている人にとってはとても良い状況であるのは間違いありません。

しかし、良い状況というのはいつまでもつづくことがないことは事実。

万が一の暴落に備えることも株式投資には重要。

暴落に備えろ

株式が好調ということは、暴落が近づいているということでもある。

リーマンからすでに10年経っているので、そろそろまたあいつくるんじゃね?という感じで暴落に備える必要がある。

対策はいろいろある。とりあえず株を売って現金にしたり、持ち株を変えたり、心を鍛えるなどなど。

しかし、暴落はいつくるかわからない。

 

いろんな人がいろいろ言っても正確な時期は全然わからない。

突然「今からみなさんに殺し合いをしてもらいます」という感じで始まる。

株式の暴落は、いつもと同じ日常に突如としてやってくる。

そう、暴落する時期をどれだけ調べようがわからない。

 

だから、たとえ暴落が発生しても大丈夫な備えをするしかない。

暴落しても生き残れるようにする必要がある。

備えないでいて、おろおろしていたら真っ先にやられるのはバトルロワイヤルでも株式でも一緒です。

備えあれば憂いなし。

 

暴落対策として、個人的にはつみたて投資をしている。

つみたてであれば、一定期間で一定額なので、特定の時期に大金ぶち込んで運悪く大損を防ぐことが一応できるということになっています。

それでも、暴落はかなりしんどいのでねばり強く耐えるしかないということは間違いない。

暴落はチャンスでもある

暴落するとつらいのが普通ですが、チャンスでもあります。

暴落すると優良企業でもかなり下がるため、お得に買えるバーゲンセール状態になり、大量買いができる。

ここで重要なのは、大量買いするためにお金が必要ということです。

いくら安くてもお金がないと買えないので、こういったチャンスの時にぶち込めるお金をキープすることも重要です。

株式で大きく資産を増やすためにも、暴落で安くなった株を買い占めることは必要です。

めったにないバーゲンセールを見逃すと後悔します。

 

何事も備えていれば、良いことがあるということ。

 


にほんブログ村
↑ポチっとお願いします。

スポンサーリンク