株価下落の局面ではS&P500のバイ&ホールドが最適

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

今の相場は、株価が反発しても結局は下落するという相場となっています。

下がったところで反発を狙い、ナンピン買いをしても損をするという状況なのでヘタにハイテク株、グロース株にお金をぶっ込むと塩漬けポークになってしまいます。

そんななかでどうやってこの状況を乗り切るのかは、限られた選択肢しかありません。

そのなかでもおすすめなのはS&P500のバイ&ホールドです。

株価が下落することがわかっているなら空売りするか、買わないが正解なのかもしれませんが、どこまで下落するかもわからず、買わないことで機会損失することもあるのでどれが正解かなんてわからないものです。

そんな状況でもS&P500がおすすめです。

S&P500はアメリカ市場の指数であり、S&P500を買うということはアメリカという市場に賭けるということです。

S&P500にはアメリカの優良企業がつまっていて、多くの優良企業に分散投資できる形となっています。



現在、株式相場は乱高下しつつ下落するという局面なのでヘタに利ざやを稼ごうとしたり、ナンピン買いすることは危険です。

この状況でできる最善策はS&P500につみたて投資することです。

一定間隔で定額を買い増しするやり方ならお金をぶっ込むタイミングを考える必要もなく、ただS&P500に機械的にぶっ込むだけでいいのでラクです。

先行きの不透明な市場では、ヘタに動くと痛い思いをします。

シンプルな投資を心がけるべきです。

↑こちらは、過去10年間のS&P500チャートです。

一時的な暴落があっても株価は右肩上がりを続けています。

大きな暴落があっても長い目でみれば、一時的な下げでしかないのが事実です。

シンプルな投資をするならS&P500です。


にほんブログ村

スポンサーリンク





サクソバンク証券

サクソバンク証券は米国株を6000株以上取り扱っていて国内最大級です。

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA) 最近、話題になっている証券会社で海外株に特化している証券会社を見つ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする