【人生100年時代】勉強すると人生はイージーモードに突入するから勉強しよう

人生論
この記事は約3分で読めます。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

勉強っていうと、あまり良い感じに思わない人は多いし、そもそも勉強が好きな人もいないでしょう。

「勉強」って字の通りで「勉めることを強いる」っていう意味になっていて、主に学校などでも勉強はまさに学ぶことを強制しています。

僕の考えでは本来の勉強は自分にとって有用なものだし、つまらないものじゃないです。

やっていて良かった!って思えるものが本当の勉強です。

 

しかし、ほとんど人は自分のやりたくない、つまらない、役に立つかどうかもわからない、無意味な勉強を強制されてしまったために、勉強イコール役に立たないというイメージが定着してしまったはずです。

本来の勉強というモノは自分から学びにいくし、強制させるものではありません。

具体的に僕の例を上げれば、「ブログ」と「株式投資」です。

ブログも株式投資も誰かに強制されたわけでなく、自分からやり始めました。

ブログも株式投資も教えてくれる学校とかほぼないので自力で学ぶしかありません。

最初は自分の知識も経験もないので試行錯誤しながらやっていて、始めてしばらくはうまくいきませんでした。

 

元々、ブログと株式投資で稼いでいきたいと2016年の4月頃に考えていたのですが、そこまで本気にしておらず、お金もなかったのでそれから何となくで時間が過ぎていきました。

あるきっかけがあって、去年からこのブログと株式投資を一緒に始めたのですが、最初からうまくいかず、株式投資の評価額は微増、ブログは全然アクセスがない状態でした。

 

特にブログは書いても書いても急激にアクセスが増えるわけではないので大変です。

継続した今ならブログは稼げると言えますが、稼げるようになるまでは「ブログは稼げない、バイトした方がやっぱり稼げるんじゃないか」って普通に考えます。

そんな感じでやっていたのですが、やっぱり自分でやろうと思ったことって継続することができるし、頑張れます。

誰かに強制されていたら、結果がすぐに出ない時点で諦めてしまいますからね。

本当の勉強というものは自分で勉強したい!やりたい!って思ったことを学ぶことです。

勉強しなくちゃいけないとか勉強しなければならないという義務や強制でやる勉強は続きません。




学ぶことは自分で見つけよう

学ぶとか勉強するって学校だけのものでも学生だけのものでもありません。

社会人になっても大人になっても必要だと僕は考えています。

社会人になっても積極的に学んでいる人は、人生において様々なことを他の人よりも吸収しているので、お金持ちになりやすいです。

また、生きていくうえで直面する問題にも対処できる知識や経験を積んでいるので困難にぶち当たっても強いです。

 

人生はどんどん長くなっていて、すでに100年も生きる時代になっています。

学生時代に勉強したことだけで人生を生き延びることは今後ますます厳しくなっていくので、学ぶことの重要性が上がります。

現代社会は変化が激しくなっているので1つのことを学んでもすぐに学んだことが通用しなくなる時代になりつつあります。

そのため、学び続ける姿勢が重要になるのです。

←こちらからランキングに戻れます


タイトルとURLをコピーしました