株価をいちいちチェックするような株は持ってはいけない

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

最近の相場は上がったり下がったりを繰り返していて不安定になっていますが、長期的にみれば上がることはわかっていて、わざわざ下がる前に売って下がった後から買い戻すようなことはしなくていいはずです。

ヘタに売り買いして手数料と税金に持ってかれたり、失敗して損をするリスクをとる必要はありません。

ただただ長期投資にふさわしい優良企業の株を持っているだけでいいのです。

現在の株価の乱高下で騒ぐのは無駄な行為と言って良いです。

株価が変化することで変化するのは評価額であり、変化し続けるものです。

持っている株が優良株であれば持っているだけでいいのですが、そうじゃない場合は別です。

株価の上げ下げを楽しんで騒いでいるのであれば良いですが、そうじゃない場合はさっさとその株は手放したほうがいい株であり、持っていてはいけません。

そのような株をもっていても幸せになれないからです。

毎日株価の動きをこまめにチェックしていて生活に悪影響を与えるような株はクソ株です。

ただのギャンブルであり、投資とは言えません。

プロの投資家ではない個人投資家にとって投資は生活の一部に過ぎず、生活に悪影響を与えるような投資は控えるべきです。

株に熱中し過ぎて株価が気になり、本業に身が入らないのならば危険な状況といえます。

そのような人はシンプルにS&P500に投資したほうがいいです。



S&P500のチャートを見ればわかりますが、右肩上がりの成長を続けているので、安心して投資できる指数です。

投資を知らない人でもS&P500に長期投資すれば、そこそこのリターンを得ることができ、投資家に人気のある投資先でもあるS&P500は誰にでもおすすめできます。

投資は複雑なものでなく、シンプルなものに投資するべきなのです。


にほんブログ村

スポンサーリンク





サクソバンク証券

サクソバンク証券は米国株を6000株以上取り扱っていて国内最大級です。

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA) 最近、話題になっている証券会社で海外株に特化している証券会社を見つ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする