日本もアメリカのように移民国家になるかもしれない、日本の労働力問題は深刻




佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

最近では、日本でも積極的に外国人労働者を受け入れていて、どんどんと外国人の人が日本で増えています。

東京などの大都市ではすでにコンビニやマクドナルドなどでは多くの外国人の方が働いていて、日本人のほうが少ない職場もあります。

もしかしたら、日本もアメリカ、ヨーロッパのように移民国家になるかもしれないという話です。

可能性はゼロではないので、もしかしたらあり得るかもしれません。

労働力が足りない日本

最近では、労働力不足を解消するために外国人労働者の受け入れを拡大することに本格的に取り組み始めています。

政府は移民は受け入れない方針で進めていますが、これから受け入れる外国人労働者がそのまま日本に住みついて、移民化すると僕は思っています。

つまり、移民は受け入れないけど、結果的に移民になったという感じで日本でも外国人が増えるはずです。

他の国と比べて、まだ日本は外国人の比率が低いですが、これから少しずつ外国人比率が上がっていって、現在のの人口を維持するならばかなりの外国人が日本に入ってくると予想されます。

すでに日本の一部地域では外国人がいることが普通の光景ですが、今後の日本では全国で外国人の割合が増えると予想しています。



減り続ける大和民族

これからの日本では、国籍は日本人でも民族的には日本人ではない人が増えます。

すでに少子化対策は手遅れで、対策が後手にまわっているので外国人を受け入れることによって日本の国力を維持する動きになっています。

日本人が思う日本人はすでに減り続けていて、このまま衰退していきます。

保守派の人がどれだけ騒ごうが、すでに避けられないところまで日本は来ているのです。

政府が「出産推奨令」とか「富国強兵」みたいな感じで人口を積極的に増やす政策をやれば変わるかもしれませんが、現在の日本ではそんなやり方は受け入れられないので日本人はこのまま衰退していく運命にあります。

人口が増える国に投資しよう

株式投資において重要なのは成長の見込みがあるかどうかです。

そのなかでも特に重要なのは人口の増加です。

基本的に人口が増加すれば、労働人口も消費人口も増えるのでその国の経済は成長します。

成長することが見込めるほど、株式の成長も見込めるので、人口というのは大きな武器となります。

人口が増加する国のなかでもアメリカは特に投資に値する国です。

先進国のなかでも唯一人口が増え続けており、これからの人口増加も期待できます。

さらに、経済のトップはアメリカなので経済成長の恩恵を大きく受けることができるのです。

現在の段階で投資に最も適している国はアメリカです。

株式投資で投資をするならアメリカの企業に投資することをおすすめします。

米国株に投資するならマネックス証券がおすすめです。

←押して応援お願いします

スポンサーリンク





サクソバンク証券

サクソバンク証券は米国株を6000株以上取り扱っていて国内最大級です。

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA) 最近、話題になっている証券会社で海外株に特化している証券会社を見つ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする