年末年始に株価が下がる理由はポジションを持ちたくないから




佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

12月に入ってくると、株価はじわじわと下げてきます。

12月になると株価が下がる理由は単純であり、「ポジションを持ちたくない」という理由があります。

12月に入れば、新年を意識し始めるし、その年の締めくくりでもあるので、投資家の心理としてはポジションを整理したいと思う人やいったん現金に戻してのんびりと年末年始を過ごそうと思う人が多くいることから、株が売られて株価が下がるのです。

12月は最後の月なので個人投資家も機関投資家も株を買わないので下がった株価は買い戻しは弱く、ずるずると下がる傾向があります。



多くの人は理由がわからない

株価が下がる理由を多くの人は知りません。

それもそのはず、「明確な理由なんてない」からです。

株式投資をしている人のなかには結構なんとなくで株式投資をしている人がたくさんおり、そういう人は周りの雰囲気に流されやすいです。

特に、理由もなく株価が下がっているならば、じゃあ売ろうかということで売るので、さらに売りが加速します。

株式投資をやっている人であれば、何の理由もなく下がる株価に困惑することがあるはずです。

株価が動く理由はたくさんの原因が複雑に絡まっており、いろいろな人の動きが関係してくるため、明確にこれが理由であると断言することは難しいです。

多くの人は株式投資を雰囲気でやっており、なんか上がりそうだから買い、なんか下がりそうだから売るのです。

こういう理由で株価が落ちたときちんと説明できるものは数少なく、結果的には株価がここまで暴落してしまったというのが現実です。

そもそも株価がなぜ動いているのか知れるなら株式投資で失敗することはないので大儲けできます。

多くの人が大儲けできず、損するのはわからないからです。

株価がなぜ動いているのかはたくさんの要因が絡みすぎてもう訳分からない状態になっており、なんか知らないけど下がって下がって暴落してしまったという場合がほとんどです。

株価が暴落した原因なんて後からの後付けでしかないのです。

タイトルの「年末年始に株価が下がるのはポジションを持ちたくないから」という理由も株価が下がる要因1つでしかなく、要因なんてたくさんあるのです。

しいて言えば、暴落後に株価がどんどん下がるのは何かよくわからない暴落に付き合っていたら自分が大損するからさっさと逃げようと考える人が増えることで加速的に暴落することはわかっています。

←こちらからランキングに戻れます

スポンサーリンク









最大42,200円キャッシュバック!!月額料金も3,609円(税抜)~とお得!工事不要でお得なWiMAX2+はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする