簡単に借りられる金融機関で借金する人が多すぎる件




どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

最近では、銀行のカードローンや消費者金融からの借り入れが簡単になりすぎて、どんどんお金を借りまくる人が増えています。

お金を借りる時には、借りた分と利息分を払う必要がありますが、その利息は結構高いです。

簡単に借りやすくなってヤバイ

今までお金を借りる場合は、銀行でも消費者金融でもその人の収入や仕事などについて把握、審査することが一般的でした。

普通に考えて、誰にでもお金を貸しまくってもお金を返せない人に貸してしまったら返済してもらえない可能性があるので、ある程度の返済能力が見込める人にお金を貸すほうが安心です。

しかし、現在では銀行も消費者金融も昔ほどラクに利益を出すことが難しくなっています。

今までのやり方では、利益が出ないのです。

なので、現在では驚くほど簡単にお金を誰でも借りられる仕組みが出来ています。

それが「カードローン」や「キャッシング」というものです。

普通に考えれば、収入があまりない専業主婦や学生が銀行からお金を借りることはほぼできないと考えますが、「カードローン」であれば、審査が通りお金が借りられます。

また、数千円という安い金額から借りられるので簡単に借りてしまうのです。

借りているところも銀行ということで、ヤミ金や消費者金融よりも安心して借りられることや有名人を使って広告宣伝していることから借りるハードルが下がっているのです。

消費者金融の「アコム」や「プロミス」でもお金を簡単に借りられるシステムが作られています。

お金を借りるのに来店は不要で、スマホで借りることができます。

わざわざ足を運ばなくてもスマホから簡単にお金を借りることができちゃうんです。

「ピッ!と、パッと!簡単!」という感じで簡単にスマホでお金を借りてしまう人が多く出てきています。

利息が高い

カードローンやキャッシングで簡単に借りることができる反面、利息が高いという落とし穴があります。

利息は数パーセントから十数パーセントの間であり、これはS&P500の平均リターンを大きく超えます。

それほどの高い金利を多くの人は理解しないで借りているのが現状です。

リボ払いも同じ理屈で、返済が一定額で済むという裏で高い利息がかかっています。

こういった借金が一時的なものであれば問題ないと思われますが、継続して利用した場合、どんどんとお金を借りて利息が増えていくということになります。

日本人はお金のリテラシーがペラペラなので、今後も借金漬けにされる人が増えて行きそうです。お金の教養講座


にほんブログ村

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする