東証一部で時価総額500億円以上案が浮上、500億円以下の企業は降格で株価暴落か?

企業

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

東証一部の上場条件が時価総額500億円以上の企業に絞られる案が検討されており、これによってこれまで一部上場企業が降格することで株価が暴落する可能性が危惧されています。

東京証券取引所では現在、「東証一部」「東証二部」「マザーズ」「ジャスダック」という4つに上場企業は分類されています。

 

今回検討されているのは、東証一部に上場している企業を時価総額500億円以上に限定するという案であり、これが採用されれば時価総額500億円以下の企業は東証二部などに「降格」することになります。

 

今までの動きからすると、東証一部の企業が降格されることはよっぽどのことがない限りありません。

そのため、もし降格となれば株価が大暴落することはほぼ確実であり、企業が倒産する可能性もあります。

なぜ新しい条件を定めるのか?

 

現在、東証一部に新規上場する場合には、最低でも時価総額250億円以上とされており、東証一部に新規上場する企業はあまりありません。

 

しかし、すでに東証二部やマザーズに上場している企業であれば、時価総額が40億円以上あれば東証一部に乗り換えることができます。

こういった現行のルールだと、時価総額の低い企業がたくさん東証一部に上場することができ、現にたくさんの企業が一部に上場しています。

東証のなかでも「東証一部」は2200社以上あって、東証全体の半分以上を占めています。

 

東証二部は500社程度、ジャスダックは800社程度、マザーズは300社程度なので、東証一部の企業が多すぎるという意見もあります。

マザーズには時価総額が6000億円以上にもなったことがある企業も存在していて、時価総額の規模で見ると不釣り合いな企業が結構あるんですね。

 

東証一部に上場すれば、TOPIXの指数に入るので、TOPIXに連動したETFを購入している投資家や日銀の爆買いによって株価上昇が見込めるため、東証一部に上場しちゃえば上昇気流に乗ってラクできちゃうんですよね。

つまり、時価総額を基準にしてそれぞれの規模に見合ったグループに再分類することで、振いにかけるということです。



東証一部からの降格で株価はどうなるのか?

東証一部に上場している企業が、東証二部とかマザーズに移動することをは「降格」と呼ばれており、印象が悪いです。

過去には降格した企業や降格しそうになった企業がありましたが、どの企業も東証一部から降格されることはなんとしても阻止しなければならないという状況がほとんどであり、降格は企業の命取りになる出来事です。

最近では、自動車のエアバッグで問題を起こした「タカタ」が2017年に東証一部上場廃止で民事再生手続きを取っています。

 

今回の案が採用されれば、時価総額が低い企業は強制的に降格となります。

 

強制的なので、業績が悪いとか大きな問題があるという理由ではないにしても、東証一部から他のグループに移動するのはやはり少なからず影響があると考えられます。

やっぱり、東証一部に上場している企業ってすごい!!というイメージやブランドがあるので、東証二部に降格したらイメージダウンしちゃうんですよね。

 

「東証一部上場企業に勤めています!ドヤ!!」と自慢げな人も多くいるので、東証一部から降格ってかなりインパクトすごいですよ。

特に、男性だと自分が勤めている企業って重要じゃないですか。

降格ってなったら、東証一部上場企業ブランドが使えなくなるので、社員の人も影響ありそうですね。

 

株価が暴落しなくても、何らかの悪影響が出ると考えるのが普通であり、今後の東証再編の動きに注目です。

 

←こちらからランキングに戻れます