終身雇用がなくなるなら、年功序列のうまみがなくなる

企業
この記事は約2分で読めます。

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

終身雇用がなくなる場合、年功序列のメリットがなくなると考えている方が多いようですが、事実としてそう考えるのは普通だと思います。

給料が上がる前に退社?

一般的な企業であれば、20代、30代の給料は据え置きにされていることがほとんどです。

その後の40代、50代で給料の上がり幅が上昇し、多くの給料を得られるという仕組みが多くの企業で取られているのが現状です。

なかには、40代、50代になってもそんなに上がらないところもあるでしょうが、そこはそういうやり方なのでしょう。

 

一般的に終身雇用と年功序列はセットなので、終身雇用が崩れると、年功序列が薄くなります。

すでに、企業では上司と部下の年齢が逆転していることも普通にありえる時代であり、年上だからということですべてが決まるような時代ではなくなってきています。

 

大企業では、45歳以上の社員に対して早期退職や部署異動という形で給料を抑制する動きが出ていることから、年功序列による給料の上昇の恩恵を受けられずに転職することも普通にあり得るようになっています。

 

退職金も途中で退社すると、多くもらえないので、終身雇用では、最後まで勤めなければ年功序列の恩恵が十分に受けられない仕組みになっているのです。

 

つまり、終身雇用されないということは、年功序列の恩恵も十分に受けられないということにつながるのです。

給料を抑制したい企業

終身雇用を辞める原因の一番は給料を抑制し、人件費を削減することにあります。

企業としては、働きに見合う給料を出すことを意識しているようですが、高給の社員をなくして、優秀な人を増やしても、能力次第で上げるということはほとんどないと考えられます。

 

20代、30代の給料はこれまで通りの据え置きでなんとかしたいと考えているので、企業の都合の良いように、給料システムを使い分けると考えられます。

つまり、若い世代には年功序列、上の世代は能力主義という感じで都合の良いシステムを当てはめるようになるのではないでしょうか?

 

終身雇用、年功序列がなくなったからといって、若い優秀な人の給料が上がるという流れにはまだまだ遠いと思われます。

 

こういったいびつなシステムはなくなるのが自然ですが、日本ではいびつなシステムが長くはびこるかもしれません。

 

そんじゃ、また明日。



タイトルとURLをコピーしました