オクタとドキュサインの投資について

投資
この記事は約2分で読めます。

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

先日、オクタとドキュサインを1株ずつ買いました。

買った株はしばらくは、保有することにします。

▼買った時の記事

【修行】オクタ(OKTA)を1株購入しました【利確&損切り】
和製バフェット軍の修行の一環です。
【修行】ドキュサイン(DOCU)を1株購入しました【利確&損切り】
ドキュサイン(DOCU)を1株購入しました。

 

しばらくは様子見

2月に買ってから、3月初めの期間の間に、ニューヨークダウ平均株価が過去最低の下げ幅、過去最高の上げ幅を記録するなどの乱高下があり、株式相場はかなり動いています。

 

3月3日20時00分(現地時間)でオクタは131.34ドル。ドキュサインは85.81ドルです。

オクタの買値が131.40ドル。ドキュサインの買値が81.50ドルということで、現時点では売らずに、そのまま保有して動きを見ることにしました。

 




今後の投資について

今後の投資としては、つみたてNISAによる買い付けはそのまま継続します。

その他の投資については、しばらくはやらずに、現金を増やすことにします。

景気の動きを見ても、アメリカ経済はそこまで深刻にはなりそうには感じませんが、日本経済は消費税増税とウイルスによる行動自粛の影響もあってかなり深刻ではないかと考えています。

 

不要不急の外出は控えるようになっている状況を見ると、かなり人の移動がなくなっており、それに伴う消費がなくなっているように感じます。

5月に出る1月~3月期における景気動向の発表では良くない数字が出るのではと予想しています。

 

体力のある大企業はなんとかしのげると思いますが、この状態が数ヶ月続くと中小企業はかなり厳しいのではないかと思います。

 

一刻も早く、ウイルスの収束、経済の回復がやってくることを祈っています。

 

そんじゃ、また明日。




【無料】永久に持っておきたい6つの高配当株レポート



 

タイトルとURLをコピーしました