株式投資をしなければ一億総貧乏、資本主義社会では資本家が勝ち組

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

資本主義の世界では、資本家が勝者です。

会社は株主のものであって、会社員のサラリーマンのものではありません。

そもそも一億総中流なんてモノはおかしい

この資本主義社会で、格差是正や中流層なんてものが存在すること自体がおかしいのです。

資本主義の前提として、格差は広がり、拡大するものです。

それは、いくら格差是正を訴えても、実行しても無駄なものです。

人間に対して光合成で栄養補給しろと言っているようなものなのです。

また、日本にはかつて「一億総中流」なんてものがあったのですが、それもおかしなモノです。

資本主義は格差を拡大させるモノなので、中間層などというモノはできず、富裕層か貧困層に別れるように設定されています。

社会主義国でもない国が、「格差をなくす」「中流層を増やす」ということをやろうとしてもできるわけがありません。

私たちにある道は2つ。

お金持ちか貧困かのどちらかです。

株式投資をしなければ恩恵は受けられない

アベノミクスで恩恵を受けているのは、株式を持っている人です。

輸出業を主力としている大企業も恩恵を受けています。

しかし、99%の日本人は恩恵をほとんど受けていないでしょう。

安倍首相は、「トリクルダウン」と言って、上からの利益が次第に下にも降りてくるという論でアベノミクスを推進していますが、これはほとんどありません。

言い方は悪いですが、金持ちの残りカスをかき集めるのがやっとだと思います。

アベノミクスの恩恵を受けるためには、株式投資をする必要があったのです。

しかし、多くのお金を持っていない国民は、株式投資をやったこともありません。

何もしなくても恩恵を受けられるほどやさしくはないのです。

政府はNISAやIDECOなどの非課税の枠組みを作って、株式のメリットを大きくしてくれていますが、たぶん多くの国民はやりません、てゆうか知ろうともしません。

資本主義社会で株式を持たないのは負け組

資本主義社会で株式を持たない人間は負け組になります。

なので、勝ち組になりたいのなら正しい方法で正しいところへ投資する必要があります。

とりあえず、「S&P500」に投資すれば、バカでもイケてる投資家になれます。

詳しく言うと、SBI証券でつみたてNISAの口座を開いて、「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 」を買えばいいのです。


No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

これであなたも立派な米国株投資家です。

株式投資は難しいものではありません。

知るか、やるかの問題なのです。

スポンサーリンク


この記事を気に入ってくださった方は、リツイートやいいねを押して頂けるとうれしいです。


株ブログ 米国株

ポチって応援して頂けるとうれしいです!









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする