内部留保446兆円で過去最高を更新、それでも人件費はコストだから賃金は増やさない

お金

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

企業の内部保留額は過去最高を更新して膨らんでいますが、企業は賃金を増やそうとは一切考えていません。

人件費はコストだから賃金なんて上げない

企業にとって人件費は支出の多くを占めるコストです。

なので、人件費が上がる賃上げは基本的にいくら内部保留が増えてもしようとはしません。

近年の賃上げは安倍首相の命令によって行われていて、しぶしぶ企業が言うことを聞いて賃上げをしているだけです。

政府が何も言わなければ、企業は賃上げをせずにお金を貯めるだけです。

 

グローバル化によって、外国人労働者がたくさん日本にやってきて働いています。

日本ではまだ外国人労働者の多くは、コンビニや飲食店などの簡単な労働を任されているだけですが、これからの時代は外国人でも普通の日本人と同じ働きをするようになります。

外国人からすると、日本の賃金は世界水準から見て高いので賃金に対する不満はそれほどありません。

外国人労働者は、一般の日本人よりも安い賃金で働くので企業は使いたがります。

企業は安い賃金に合わせようとするので、日本人の賃金も少しずつ減っているのです。

また、日本人は賃金が少なくてもグチを言うだけなので企業はそのままです。

稼げる人間になるしかない

もし、あなたが一般的なサラリーマンだとしたら残念ながらこのまま給料は上がらずにそのままか少しずつ下がっていくことになります。

正確に言えば、平均給与は少しずつ下がっていきます。

バブル経済をピークに日本の平均給与は少しずつ下がっているからです。

世界では、お金持ちが増えている一方で貧困層も増えています。

もし、お金が欲しいのなら稼げる人間になるしかありません。

 

その一つに株式投資があるのです。

スポンサーリンク


 

リツイートやいいね、フォローして頂けるとうれしいです。


米国株 1日1回ポチ