テスラには絶対に投資しないほうがいい件

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

アメリカの電気自動車企業であるテスラの株価が下落しています。

理由は、テスラのCEOイーロン・マスクの言動がすべてです。

以前には株価を420ドルで非公開にすると発言してすぐに撤回する混乱がありましたが、先日にはライブ中継で酒を飲んだりマリファナを使う行為が注目を集めています。

それにともなってテスラの株価は下落していて、現在263ドルほどになっています。

最近では、イーロン・マスクの言動がいろいろとおかしいのでテスラの株価は乱高下しているのです。

問題のある企業に投資してはいけない

テスラのようにCEOの言動で株価が乱高下する株は絶対に買わないほうがいいです。

普通に考えて、CEOの言動で株価がこれほど変わるのは異常です。

企業の株価は業績によって上がったり下がったりするのが普通なので、それ以外で株価が変わるのは投資家としてはどうなるのか予想するのがとても困難であり、企業の経営者が企業の業績とはあまり関係ない発言で株価が変わるテスラは投資するには危険すぎます。

投資家が見るのは企業のビジネスであり、経営者の言動ではありません。

経営が一番重要

企業の良さを見るには、経営状況やビジネスモデルが基準です。

どのような商売で、どれくらいの利益を出しているのか、このビジネスは続くのかという企業の価値を見ることが重要なので、経営者のカリスマ性もビジネスには影響しますが、問題のある言動が出る可能性があるなら投資は避けたほうがいいです。

経営者の言動は株価に大きく影響するので不必要な言動をする経営者の企業は高いリスクがあるということになります。



リツイートやいいね、フォローして頂けるとうれしいです。


米国株 1日1回ポチ









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする