「暴落はバーゲンセール」安くなった優良企業の株を買う絶好のチャンスを逃すな




どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

株式の暴落について語っている記事は多くありますが、暴落したらバーゲンセールになることについて書いている人は少ないです。

持っている株の株価が下がる暴落は悲しい(´・ω・`)ことですが、暴落して安くなった株を買うこともとても重要です。

めったにない大チャンス

暴落は株式を持っている人間からしたら悲劇ですが、現金を持っている人間からしたら大チャンスです。

どれほど良い企業の株でも世界経済が暴落すれば、異常に安くなります。

暴落が始まれば、どんどん株は売られるのでどんどん下がり、下がる前に売ろうとする人が殺到するのです。

株価が暴落しても、いずれ回復することは調べればわかることですが、暴落するのはめったにないことなのでほとんどの人はさっさと売りたくなって売ります。

頭でわかっていても、経験したことのないことに遭遇するとパニックになってしまうのが普通。

なので、みんなが売っているから売らなければヤバイと思ってみんなで売る。

こうして、暴落が暴落を呼んで恐ろしいくらいに安くなるのが株。

暴落に関係なさそうな株もつられて売られる。

しかし、ここで安くなった株を買う人は全然いないのが株式のうまみ。

ほとんどの人は自分の資産をどうにか減らさずにすることで頭がいっぱいなので、安くなった株を買うことを考える余裕はなく、買うための現金も多く持っていません。

なので、暴落して安くなる絶好のチャンスをつかめる人は少ないのです。

現金はチャンスにぶち込む

暴落は株式投資している人間にとってはつらいですが、まだやっていない人間にとってはおいしい状況です。

特に貯金バカには絶好のチャンスです。

貯金してある大量の現金を安くなった優良株にぶち込んでホールドするだけで、大きな利益を得ることができます。

暴落に対しては、いかに損を減らすかという観点と同時に暴落して安くなった株をいかに買うかということも重要なのです。

暴落したらそれは絶好のチャンス。

安くなった優良企業の株を買いまくることはめったにできない。

ここでいう優良企業は安定して利益を上げつづけることができる企業であり、暴落で倒産しそうな企業や雰囲気で株価が動いている企業ではない。

買うべき株は、業績は良いけど暴落につられて下がっている株。

何か知らないけど上がりそうなハイテク株には気をつけろ。

それは雰囲気で良い感じになっているだけだ。


にほんブログ村
↑1位を目指しています、応援お願いします

スポンサーリンク





サクソバンク証券

サクソバンク証券は米国株を6000株以上取り扱っていて国内最大級です。

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA) 最近、話題になっている証券会社で海外株に特化している証券会社を見つ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする