TECL(ディレクション・デイリー・テクノロジー・ブル3X)が200ドルを突破してしまいました

投資
この記事は約2分で読めます。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

TECL(ディレクション・デイリー・テクノロジー・ブル3X)というレバレッジETFが200ドルを突破し、過去最高値を更新しています。

TECLとはなんぞや?

TECLならTQQQと同じくらいリターンを狙うことができる
TQQQへ投資ができる証券会社は現時点でサクソバンク証券、IG証券、インヴァスト証券のみです。CFD取引で取引できます。

TECLについては、上記の記事で詳しく書いているので、ぜひこちらを一読してください。

簡単にいえば、TECLはTQQQと同じようなものです。

というかだいたい同じ値動きをします。

TECLは、テクノロジー・セレクト・セクター指数というものがあり、その指数を3倍のレバレッジをかけて、運用しています。

ネット証券では、楽天証券でTECLに投資することができます。

実際には、投資している対象に違いがあるのですが、ほぼTECLと同様の動きをするようになっています。

TECLは今後も上がる?

TECLは、ハイテク、クレジットカードなどの銘柄が上がると連動して上がるので、こういった銘柄が上がる「リスクオン」の時にかなり効果を発揮します。

逆に「リスクオフ」の時は、売られて下がるため、連動して下がります。

 

レバレッジETFの特徴として、レンジ相場(あまり株価が動かない)時には、少し下がってしまうので、使い時が限られます。

使い時としては、株価が大きく上昇することが見込まれる状況ですね。

 

レバレッジETFは、効果的に使えば大きなリターンを狙えますが、ヘタすると、大きな損失を受けることもあるので、注意が必要です。

自分の取れるリスクの範囲で運用しましょう。

 

そんじゃ、また明日。



タイトルとURLをコピーしました