なぜS&P500にお金をぶち込むという最適解ができないのか?という話

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

米国株投資をしている人のなかには複数の投資方法があります。

高配当株に投資する人、グロース株に投資する人、ETFに投資する人などなどの方法があり、日々どの方法が優れているのか?という果てしない論争を繰り広げています。

しかし、そんななかでも米国株の指数であるS&P500にインデックスしたETFが最適解であるというのは米国株に投資している人であればみんなわかっています。

それでも他のやり方を実践するのはなぜなのか?という疑問が浮かびます。

なぜS&P500にお金をぶち込まないのか?という答えは2つあります。

1つ目は「つまらないから」という理由、2つ目は「S&P500をアウトパフォームしたい」という理由ではないか?と個人的には思っています。

S&P500だけやるってつまらないじゃん

S&P500が最適解ってわかった時点で株式投資の中級ぐらいはクリアしたも同然であり、あとはS&P500にお金をぶっ込んでいくだけになるので、そこからの発展はあまりありません。

いろいろ調べても勉強してもS&P500のリターンを越える方法は長期投資においてほとんど存在せず、再現性も低いので結局はS&P500でいいよねっていうことになります。

それでもS&P500にお金をぶっ込むだけではつまらないのが現状なので、他の銘柄を買うのです。

これが1つ目の理由です。



S&P500より良い成績を残したい!

S&P500が最適解でほどほどの成績を残せるとしても、やっぱりS&P500を上回るリターンが欲しい人もいます。

S&P500にお金をぶち込んでもそんなに増えねえじゃんと思う人は何とかしてS&P500を上回るリターンを得られる銘柄に投資するのです。

S&P500じゃ物足りねえ!という人はグロース株にお金をぶち込む傾向があります。

みんなお金大好きだし、早くお金増やしたいと考えるのが普通なのでそういう人もいます。

投資は自己責任

株式投資は自分自身でやるものなので基本的にどうしようとその人の勝手だと思っているので、好きな銘柄に投資すればいいと思います。

他人が何に投資しようがどうなろうが関係ないので好きにやればいいのではというのが僕の考えです。

自分のブログでは自分の投資スタンスを語ればいいし、他人に言われても特に気にしなくて良いと思います。

S&P500にお金をぶちこみたくないならそれでいいし、グロース株で爆上げしたいならそれでいいし、好きにお金をぶっ込んでいけばいいです。

儲けようが損をしようが他人のお金が増えても減ってもどうでもいいことです。

好きにすればいいじゃない!!

自分が何にぶち込もうが他人には関係ないことです。

←押して応援お願いします

スポンサーリンク





サクソバンク証券

サクソバンク証券は米国株を6000株以上取り扱っていて国内最大級です。

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA) 最近、話題になっている証券会社で海外株に特化している証券会社を見つ...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする