これからの株価下落に備えて現金のポジションを増やすのも1つの方法




佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

米国株は年末にかけての上げ相場に向けてラストスパートをかける予想になっていましが、その後の来年以降はどうなるのかはまだわかりません。

しかし、2020年前後にはリセッションに入る可能性大なので、これまでの強気相場とは変わって投資家には耐える期間であるといえます。

ここまでの流れからいけば、株価が下落していく可能性が高いので、その対策の1つとして現金に戻す方法も考えられます。

株を全部売って現金化したり、リスクの高い株を売って不況に強い株を残すなどの方法があります。

現金化するメリットは、現金化することによって株価下落による評価額が下がることを防ぐことができ、安くなった株を買い増しすることができることです。

デメリットは、今後の株価の動きは予測できないので、もし株価が上昇すれば機会を逃すことになり、また、株価が下落してもどこまで下落するかわからないので買い増しのタイミングが掴めないということがあります。

対策は自分次第

今後の株式相場に対する対策をどうするのか?については自分自身で判断してやるしかありません。

誰かの言っていることを鵜呑みにしてどうなっても誰も責任を取ってくれないし、保障もしてくれません。

できることは、自分自身で決断して後悔しないようにすることです。

自分で自分のお金をぶっ込んでいる限り、自分で責任を持って行動しなければお金はどんどん減っていくのが現実です。

今後の相場がどう動くかはわかりませんが、不安な人は現金化して様子を見るのも賢明な1つの判断だと僕は思います。


にほんブログ村 ←こちらからランキングに戻れます

スポンサーリンク





サクソバンク証券

サクソバンク証券は米国株を6000株以上取り扱っていて国内最大級です。

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA) 最近、話題になっている証券会社で海外株に特化している証券会社を見つ...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする