無理してマイホームを買うのはおやめなさい

お金
この記事は約3分で読めます。

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

社会人になれば、結婚やマイホーム、子育てなどのイベントがあるということでライフプランを立てましょうと宣伝などしていますが、これらのイベントは一時的なモノではなく、死ぬまで一生続くようなものばかりです。

なかでも人生最大の買い物と言われる「マイホーム」の住宅ローンで苦しんでいる人はたくさんいます。

 

 



住宅ローンという苦行

住宅ローンを組んで家を購入したのは良いのですが、その後のローン返済に苦しんでいる人はネット上のみならず、現実世界にもたくさん存在しています。

住宅ローンは、フラット35などの通り、何十年にわたってローンを返済しなければなりません。

35年ローンとなると繰り上げ返済しない限り、35年間借金を返済しつづけなければなりません。

このローン返済という苦行で厳しい生活を強いられている人が日本には大勢います。

 

毎月、数万から十数万円の返済を35年間もしなければならないという苦行は過酷を極めます。

そもそも住宅ローンは借金であるため、借金を背負っているというストレスが身体をむしばんでいくので、心も身体もローンでいっぱいいっぱいになる人もいるでしょう。

直接「借金」という言葉を使わないのは、借金であると自覚をするとストレスになるのでローンとかフラット35という言葉を使っているのかもしれません。

35年借金プランなんて名前だとローンを組む気が失せますね笑

 

住宅ローンは返し終わって初めて自分のモノになるので、ほとんどの人はローンを返し終わった苦行から解放されることで初めて自由を手に入れるのです。

無理してマイホームを買うのはおやめなさい

無理してマイホームを買って苦労するのは買ってしばらく経った後です。

家を買った直後はピカピカの新築を買った高揚感でワクワクですが、しばらくするとその高揚感やワクワク気分が消えて、多額のローンという現実が広がってきます。

ローンがあるおかげで苦しい仕事でも返済のために耐えるしかない人もたくさんいます。

果たして、マイホームを買ったことで人生の幸福はどうなるのでしょうか?

 

決して、マイホームを買うなとは言いません。

しかし、自分の許容を超える住宅ローンは人生に悪影響を及ぼします。

マイホームを買うかどうかはよく考えるべきです。

 

←こちらからランキングに戻れます


タイトルとURLをコピーしました