ネオモバイル証券で月額手数料が実質16円?今ならキャンペーンで毎月Tポイントをゲット!?

投資
この記事は約3分で読めます。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

SBIグループが運営するTポイントで株を買うことができる証券会社が誕生しました。

その名は「SBIネオモバイル証券」です。

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券とは?

SBIネオモバイル証券は、2018年10月30日に設立させた証券会社であり、SBI証券と
Tポイントのデータを元にしたマーケティング事業を展開するCCCマーケティングとの合弁会社として設立された会社です。

 

SBI証券では、Tポイントを使った投資は現在やっておらず、楽天証券が楽天ポイントでの投資ができるようになったことから、SBIでもポイントによる投資ができるようにするために、ネオモバイル証券が誕生しました。

SBIネオモバイル証券の特徴は?

SBIネオモバイル証券の特徴は、SBI証券とは違った投資方法にあります。

ポイントとなるのは、「定額手数料」「ポイント投資」「1株単位(単元未満株)で株が購入できる」ことです。

手数料が定額

通常であれば、株を売買ごとに売買手数料がかかりますが、SBIネオモバイル証券では、月の約定代金合計額によって手数料が決まります。

引用:https://www.sbineomobile.co.jp/lp/point01/?hc_uus=7b851755fd01e42ac76937527ed62812

0円~50万円までは税込216円の手数料です。

300万円までは税込1080円。

500万円までは税込3240円。

1000万円までは税込5400円。

となっています。

1000万円以上の取引をした場合は、100万円ごとに税込み1080円の手数料がかかるようになっているので注意してください。

Tポイントで株を買うことができる

SBIネオモバイル証券では、Tポイント1ポイントを1円として使うことができます。

キャンペーンでTポイントがもらえる

キャンペーンにより、毎月200ptもらえるというシステムがあるため、毎月使えば毎月200ポイントが獲得できます。

※ポイントはSBIネオモバイル証券でのみ使える期間固定ポイントです。なので、ポイントの有効期限に注意してください。

タイトルにある「月額手数料が実質16円」というのは、50万円までの手数料(税込み216円)なら毎月もらえる200ポイントを引いて、実質税分だけの「16円」という計算で表示しています。

1株から買える

通常であれば、日本株は「単元」というものがあり、基本は1単元100株となっているので、株を買うとなると最低でも100株購入する必要があります。

そうなると、1株1000円の株を買うには10万円必要となるため、まとまった資金が必要となります。

SBIネオモバイルでは、単元ごとでなく、1株から買えるので、少額の資金で株式投資を始めることができます。

少額から投資したい人におすすめの証券

SBIネオモバイル証券は、少額の資金で投資を始めたい人やTポイントをよく使う人におすすめの証券会社です。

また、スマートフォンからの株式投資がやりやすくなっているので、スマホで株式投資をよくする人にもおすすめですね。

 

これまで、同じようなサービスをしている会社でワンタップバイという会社がありますが、ワンタップバイでは取り扱っている株の種類が少ないことを考えれば、SBIネオモバイル証券はより投資の幅が広がったと言えます。

投資に興味のある方はSBIネオモバイル証券で始めてみることをおすすめします。




【SBIネオモバイル証券】

そんじゃ、また明日。



タイトルとURLをコピーしました