つみたてNISAの期間延長?投資期間20年確保へ

お金
この記事は約3分で読めます。
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

つみたてNISAの投資期間が20年間確保される方向で調整されるようです。

 政府・与党は、「少額投資非課税制度(NISA)」の一つである「つみたてNISA」の投資期限を今の2037年から延長し、20年間の積立期間を確保する方向で調整に入った。年末にまとめる来年度の与党税制改正大綱に盛り込む。「貯蓄から投資へ」の流れの後押しに加え、若い世代の老後の資産形成のために必要だと判断した。

つみたてNISAは年40万円の投資額を上限に、株式投資信託の運用益が投資から20年間非課税になる制度。若い世代などの未経験者を投資に導く狙いで18年に始まり、6月末時点で147万の専用口座がある。

引用:つみたてNISA延長へ 投資期間20年を確保

この知らせについては、特に驚くということもなく、「そりゃそうでしょう」というのが率直な感想です。

早く始めたほうがお得な制度設計

つみたてNISAは2018年からスタートした制度であり、2037年までの期間が非課税になる制度となっています。

枠をフルに使うと、年間40万円を20年間なので、最大800万円分の枠が非課税になります。

今回の変更点は、2037年まで非課税という現行の制度から、投資を始めた年から20年間非課税にするという点です。

 

現行の制度の場合、2019年からつみたてNISAを始めると19年間分の枠しか使えず、最大760万円までしか枠を使えません。

つまり、早く制度を使えば使うほどお得な制度なのです。

 

現行の制度を変えていつ始めても20年間分の非課税枠があるのであれば、これからつみたてNISAを始めようと考えている人でも2018年からすでに投資している人と同じ条件で始めることができます。

2020年から始めた方がいいかもしれない

2019年から始めた人は制度の変更により、2038年までの枠に変更になると思われます。

2020年から始めた人は2039年までの枠となるでしょう。

 

つみたてNISAでは、投資を始めた日を起算日とせず、投資を始めた年でカウントするため、2019年10月からつみたてNISAを始めると今年はもう、3ヶ月もありません。

そうなれば、3ヶ月足らずの期間しか今年分の枠を使うことができません。

 

年間40万円の枠をすべて埋めたいと考えている人にとっては今年中に枠を埋めるのは金額が大きいかも知れません。

そう考えれば、今年からつみたてNISAを始めるよりも2020年から始めてゆっくりと枠を活用したほうがゆとりがあると考えることもできます。

つみたてNISAを検討している方は焦らなくても20年分の枠が確保されるようになるはずなので、急がなくて良いと思います。

 

つみたてNISAを始めるならSBI証券または楽天証券がおすすめです。

最近の傾向としては、楽天証券を使う人が多い印象があります。

楽天証券であれば、投資に楽天ポイントを活用できる仕組みになっているため、人気の1つになっています。

 

そんじゃ、また明日。



タイトルとURLをコピーしました