【STADIA】Googleがゲーム業界に参戦!5秒でいつでもゲームができる世界とは?

企業

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

3月19日にアメリカ企業のグーグルがゲーム業界へ参入することを発表しました。

予定では年内にはサービスの提供を開始するということです。

グーグルが提供するゲームは、スマホやタブレットでできるものを提供する予定であり、これによって据え置き型のゲーム機がなくてもゲームできるようにする方針を固めており、据え置き型のゲーム機を使うゲームを開発している、任天堂やマイクロソフトが今後どういう対応を取るのかが注目されており、任天堂やソニーの株価がグーグルがゲーム業界に参戦するという発表をしてから、ソニーと任天堂の株価が下落したこと空考えると、グーグルの参戦はかなり影響があると予想できます。

グーグルのゲームって何がすごいの?

まず、現在のゲームというのはプレイするためにデバイスが必要です。

任天堂であれば、SwitchとかDS、ソニーでもプレイステーションなどの据え置き型のゲーム機が必要ですし、スマホのゲームもスマートフォンが必要です。

グーグルのゲームがすごいところは、ほとんどのデバイスでゲームを楽しむことができることです。

任天堂のゲームは任天堂のゲームソフトしかできませんが、グーグルのゲームは自分が持っているデバイスのほとんどに対応しているので、どんな人でもすぐにゲームできます。

しかも、ゲームを最短5秒で開始できるということなので、もうすごい!

インストールとか購入しなくても、ポチッとやるだけですぐに始めることができます。

こうした感じでグーグルがいろんなゲームをすぐに開始するようにできるのはインターネットの発達の影響ですね。

グーグルはグーグルが持っているクラウドでデータ処理をしてゲームできるようにするので、読み込みの必要がほとんどありません。

データ処理をグーグルの方でやってくれるので、プレイヤーはサクサクとゲームができるというわけなのです。

簡単にまとめると「グーグルのゲームは今持っている端末でできるし、データ処理はこっちでやるからサクサクゲームができるぜ!」って感じです。

グーグルが強すぎる

ゲーム業界にグーグルが参戦してくると多くのゲームがグーグルの影響を多かれ少なかれ受けることになります。

最近はEスポーツなどでゲームが盛り上がりを見せていることから、今後もグーグルがそういったところに関わっていくと考えられます。

ゲーム実況では、YouTubeでゲーム配信している人もいっぱいいることを考えると、よりいっそうグーグルが有利にことをすすめることができそうです。

 

←こちらからランキングに戻れます






三井住友VISAカード
ステータスで選ぶなら三井住友VISAカード