世界経済 企業 政治

ブラジルでは1時間に7人が殺される、治安の悪い国には投資はできない

投稿日:

どうも、つみたて投資のゆうです。(@TSUMITATE_NISA

 

ブラジルは、「BRICS」(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国)のなかの1つの国であり、成長が期待されている新興国ですが、治安が悪いのが特徴的で、汚職もひどく、経済発展の障害が多くあります。

非営利団体のブラジル公共保安フォーラム(FBSP)が9日発表したデータによると、ブラジル国内では2017年の1年間に6万3880人が他人の手によって命を奪われた。

この数は前の年に比べて3.7%多く、ブラジルのこれまでの歴史の中で最も大きい。

全国の警察が持つデータをまとめたこの統計に基づくと、17年には1時間ごとに7人が、ブラジル国内のどこかで何者かによって殺害されたことになる。伯メディアが同日付で伝えた。

州別にまとめた人口10万人当たりの殺人犠牲者数は、17年にはリオ・グランデ・ド・ノルテ州が68.0人で最も多く、アクレ州(63.9人)、セアラー州(59.1人)がそれに続いた。

人口10万人当たりの犠牲者数が少なかった3州はサンパウロ州(10.7人)、サンタ・カタリーナ州(16.5人)、ブラジリア連邦直轄区(18.2人)だった。

また、各州都における人口10万人当たりの殺人犠牲者数が最も多かった3市は、アクレ州リオ・ブランコ市(83.7人)、セアラー州フォルタレーザ市(77.3人)、パラー州ベレン市(67.5人)だった。

警察官によって命を奪われた人の数は16年から17年にかけて20%増加、5144人に上った。この数字に基づけば、17年には文民警察官及び軍警察官によって毎日14人が殺害されたことになる。

これとは逆に、殺害された警察官の数は4.9%減少した。17年に殺人の犠牲となった文民警察官、軍警察官は合計367人と16年よりも19人少なかった。

 

出典:サンパウロ新聞



治安の悪さは経済発展の障害となる

経済発展には、人口増加が必要不可欠です。

人口増加が見込める国は、それだけで投資する価値を持っています。

しかし、人口増加が見込める国でも、経済発展の障害となる要因がある場合は注意が必要です。

 

BRICSのなかでも、ブラジルと南アフリカは殺人率が非常に高く、強盗などの犯罪も多発しています。

このような国々は、治安の悪さが経済発展の障害となります。

治安の悪い国には工場の設備投資などをしたいとは思わないからです。

継続的な発展には、安定して働ける安全が必要なのです。


 


株ブログ 米国株

ポチって応援して頂けるとうれしいです!

この記事を気に入ってくださった方は、リツイートやいいねを押して頂けるとうれしいです。

-世界経済, 企業, 政治

Copyright© ゆうの米国株つみたて投資 , 2018 All Rights Reserved.