ドコモが「最大4割値下げ」の新プランを発表したけど、全然安くない!

雑記

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

2019年4月15日の今日、ドコモがついに値下げした新プランを発表しました。

新プランは「ギガホ」と「ギガライト」という2つのプランどちらかを選択出来ます。

 

ギガホプランは、月間30GBまで使えるフラット型の料金プランで、月額6980円。30GBを超えると速度制限が最大1Mbpsまでの制限がかかります。

ギガライトプランは、毎月の利用データ量により料金が変動するシステムで1GBまで2980円、1GB~3GBは3980円、3GB~5GBが4980円、5GB~7GBは5980円です。

月間7GB以上のデータを使うと、通信制限がかかり最大128kbpsの制限がかかります。

料金シミュレーション | 料金・割引 | NTTドコモ
NTTドコモの料金・ドコモ光・付加サービスの組み合わせを簡易的にシミュレーションできます。「スマートフォン」「iPhone」「iPad」などの機種を新規契約または他社からのお乗り換え(MNP)・機種変更・契約変更した場合の、基本プラン・シェアパックを含む毎月のお支払い額の目安を料金シミュレーションでご確認・比較・検討が...

↑料金のシミュレーションはこちら

 

これ、ホントに安くなったプランなんですか???

新プランが全然安くない件

今回の新プランをソフトバンクやKDDIと比べてもそこまで安くないというか、全然安くなった感じがしません。

これで端末代の割引サポートがないとなると、全然変わってねえじゃねえか!!と思う人が大勢いると思いますが、僕だけでしょうか?

 

料金シミュレーター | モバイル | ソフトバンク
ソフトバンクの携帯電話を新規・のりかえ・機種変更で購入する際に、お選びいただける料金プランをご紹介いたします。

各携帯会社の料金シミュレーションで見れば、ソフトバンクのウルトラギガモンスター+という月50GB使えるプランが月額7480円。

 

【au】iPhoneの「料金シミュレーション」のご案内。
iPhoneの毎月のお支払い額をシミュレーション出来ます。auでiPhoneをはじめよう。

auのauフラットプラン30という30GB使えるプランが8500円。

という感じで同じくらいのギガ数で見れば、ドコモが一番安いですが、使っている人からするとそこまで安くなったとは感じないのではないでしょうか?

 

この価格に通話かけ放題の分は入っていないので、通話のオプションを追加で付ける人もそこそこいるので、そうなると月8000円から9000円くらいはすると考えられます。

そうなると、携帯料金が値下げになると言われてもあまり実感のない人が多いのではないでしょうか?



キャリアは基本的に安く使えない

ソフトバンク、ドコモ、auの3つのキャリアは基本的に安くはならないと考えた方がいいです。

各携帯会社は、キャリアを使いたい人は使ってもらえばいいし、料金が高いと思うのであれば、他で使ってくださいというスタンスです。

特に、ソフトバンクはそのスタンスを貫いており、ソフトバンクの系列で、ワイモバイルLINEモバイルの2つの格安ブランドを展開しています。

 

KDDIもauの下にUQモバイルを作っており、安く利用したい人向けに別のプランを用意しています。

すでに、安く使っている人はキャリアの値下げには期待しておらず、今後も格安スマホや格安simを使い続けるはずです。

利用者の棲み分けが進む携帯料金

携帯料金はすでに、みんなが同じプランで契約するという時代ではなく、自分自身に合ったプランを選ぶ時代です。

最新機種のスマホを使いたい人はキャリアで契約すればいいし、安く使いたい人は格安スマホを契約するという感じで、自分に合うプランを選択するしかありません。

キャリアで最新機種のスマホを安く使いたいという希望はなかなか叶わないので、何かしら妥協する必要が生まれます。

 

安く使えれば、機種はこだわらないという人が最近では増えており、格安スマホの需要も伸びているので、安い料金で使いたい人は格安スマホを選択することをおすすめします。

格安スマホならUQモバイルワイモバイルがおすすめですね。

僕は実際にワイモバイルを使いましたが、キャリアとの通信の差は特に感じませんでした。