WordPressテーマをSTREETIST(ストリーティスト)に変えてみました

雑記
この記事は約5分で読めます。
 

佐藤 祐(さとう ゆう)です。(@TSUMITATE_NISA

タイトルの通り、WordPressテーマをSTREETIST(ストリーティスト)に変えてみました。

WordPressテーマというのは簡単に説明すると、ブログの元となるものであり、デザインだけでなく、サイト全体の構成や骨組みなどの全体を形作るものです。

 

テーマを変えることでブログの見た目はもちろん、機能や表示などが変わるため、テーマを変えると今までとは違ったブログになります。

 

今まではこちらの「Cocoon(コクーン)」を使っておりました。

WordPressテーマ「Cocoon(コクーン)」公式サイト

 

STREETIST(ストリーティスト)って実際はどうなの?

STREETIST(ストリーティスト)を実際にテーマで使ってみた感想を一言で表すと、「シンプル」です。

「記事執筆を効率化するWordPressテーマ」ということもあり、記事コンテンツを一番に考えているテーマとなっています。

 

ホワイトとブラックを基調としたデザインなので、シンプルな見た目で見やすい印象があります。

 

様々な色彩で派手にしたり、モーションを付けたりして目立たせるというよりは、白と黒を基本にして見やすいデザインとなっているので、落ち着いたデザイン、シンプルなデザインが好きな人向きのテーマですね。

 

テーマをインストールして、有効化してみればわかりますが、「シンプルだけど何かおしゃれ」という印象を持ちます。

SEOを考慮したテーマ設計、設定項目

SEOに必須の項目を、設定画面や記事投稿画面で設定することができます。

また、Googleが推奨している「JSON-LD」にも対応しています。

meta descriptionの設定
各ページのnoindex,nofollowの設定
各SNSのOGP対応
HTMLのバリデーションチェック済み
JSON-LD

基本的にSEOで大事なのは記事の質ですが、できる限りSEO施策がしやすいようにテーマを作っています。

引用:WordPressテーマ「STREETIST」をリリースしました

 

SEOは、ブログにとって重要な要素であり、どれだけ多くの人に見てもらえるのかはSEOに大きくかかっていると言っても過言ではありません。

 

STREETIST(ストリーティスト)は、SEO施策がしやすいようにテーマが作られているので、初心者の方でも記事作成に集中することができます。

アドセンス広告の表示を楽に

ブロガーの方々が気になるのが、アドセンスが便利に表示できるかという点でしょう。

当テーマは、アドセンスの表示を楽にする機能がいくつか盛り込まれています。

記事内アドセンス自動挿入
ショートコードでアドセンス表示
アドセンス用ウィジェット
記事ごとのアドセンス表示・非表示設定
記事一覧にインフィード広告

アドセンスで収益をあげたいという人にも、便利な機能を搭載しています。

引用:WordPressテーマ「STREETIST」をリリースしました

 

ブロガーならほとんどの人が利用したことがあるアドセンスの表示は、カスタマイズのところでコードを貼るだけで、設定できます。

 

自分であれこれとコードを貼る箇所を探さなくていいので、ラクに設定できます。

Gutenberg対応のプラグイン付き

ワードプレスのバージョン5から新しく登場した新エディター「Gutenberg」に対応したプラグインも配布されており、インストールしてプラグインを有効化すれば、使えるようになります。

このプラグインを使うとGutenberg(ブロックエディター)での記事執筆が今までよりもラクになります。

 

なぜ「Gutenberg」に対応したプラグインを配布しているのかというと、2021年末にはワードプレスのバージョン5以前のエディターを使えなくなるということで、バージョン5から新しく登場した新エディターに慣れておいてほしいということで、テーマ作成者のSHIROMAさんが配布しています。

Q&Aについて(よくある質問)

ここからはWordPressテーマによくあるであろう質問について触れておきます。

 

Q. 利用できるサイト数に制限はありますか?

A. 利用できるサイト数に制限は設けておりません。一度購入していただければ、複数のサイトでご利用いただけます。

 

WordPressテーマのだいたいは、複数のサイトに使えるのですが、たまに1回の購入で1サイトしか使えないテーマもあるので、注意しましょう。

※ちなみに、WordPressテーマで有名なOPENCAGE(オープンケージ)は1回の購入で1サイトしか使えないと利用規約に書いてあります。

 

 

Q. 利用を禁止しているジャンルはありますか?

A. どのようなジャンルのサイトでもご利用いただけます。

STREETIST(ストリーティスト)は、どのジャンルでも使用できるテーマです。

 

Q. どのようなサポートが受けられますか。

A. ご不明点などありましたら、フォーラムかお問い合わせページにてお問い合わせください。

何か不明点があれば、お問い合わせページからお問い合わせすれば、対応してくれるとのことです。

 

※テーマのアップデートについては、自動アップデートに対応しているので、問題ないと思います。

肝心なお値段はいくら?

STREETIST(ストリーティスト)は、有料テーマなのでお金がかかります。

14,300円(税込)かかります。

 

興味のある方はデモページを見て検討することをおすすめします。

STREETIST DEMO

 




WordPressテーマ 「STREETIST」公式サイト

 

そんじゃ、また明日。

 



タイトルとURLをコピーしました